ドコモ,PHSを利用した音楽配信サービス開始へ

PHSを利用した音楽配信サービス「M-stage music」がついに始まる。専用となる新端末は,データ通信に特化した仕様だ。

【国内記事】 2001年1月05日更新

 NTTドコモは1月5日,PHSを利用した音楽配信サービス「M-stage music」(エムステージ・ミュージック)を1月15日より開始すると発表した。

 M-stage musicは,対応端末「Picwalk P711m」を使い,J-POP,JAZZ,クラシックなど各ジャンルの楽曲を試聴したりダウンロードできるサービス。

 サービスは1月15日から全国一斉に開始し,全国のNTTドコモのPHS 64K,32K提供エリアで利用できる。料金は月額200円。ただし,5月31日までは無料となる。また別途,PHSの通信料として1分15円と,コンテンツごとに設定された情報料が必要となる。

 楽曲はAAC圧縮を用い,松下電器産業がUMG,BMG,AT&Tなどと共同開発したEMDLB方式によって提供される。ダウンロードした楽曲は,対応端末であるPicwalk P711mのSDカードに保存できる。

 ストリーミングで配信される試聴用楽曲は無料。ダウンロード形式の場合は有料だ。楽曲はエイベックスやパイオニアLDC,ポニーキャニオンなど計15社が提供し,サービス開始当初に500曲以上をそろえる。2001年の夏を目処に,約3000曲の提供を予定している。

Picwalk P711mの特徴

 Picwalk P711mはM-stage musicに対応し,音楽コンテンツのストリーミング再生,及びダウンロードが可能。ダウンロードした楽曲は,SDカードに保存される。SDカードを利用して,パソコンなどと楽曲データの交換も可能だ。また2月28日までにPicwalk P711mを購入し,M-stage musicを契約した人は,SDカード用のUSBリーダーライターがプレゼントされる。

 Picwalk P711mは音声通話には対応しない。簡易ブラウザを搭載しインターネット上のコンテンツを閲覧できるなど,データ通信に特化した仕様となっている。

Picwalk P711mの主な仕様
回線 NTTドコモPHS回線(64Kbps/32Kbps)
記録媒体 SDカード
搭載機能 M-stage music対応,楽曲再生機能,曲順変更機能,簡易ブラウザ機能,64K/32Kデータ通信対応,ホームアンテナ対応
連続通信
時間
約2.5時間(64Kbps通信時),約3時間(32Kbps通信時)
連続再生
時間
約5.5時間
充電時間 約2.5時間
大きさ 約48(幅)×約21(奥行き)×104(高さ)ミリ
重さ 約81グラム(SDカード含まず)

関連記事
▼ドコモ,IMT-2000に向けPHSで映像配信サービスを開始

▼三洋,楽曲ダウンロード・再生が可能なPHS端末を発表

▼DDIポケット,PHS端末向けの音楽配信サービスを発表

▼NTTドコモと松下通信が音楽配信サービスで新会社設立,2000年秋にも商用サービス開始

▼NTTドコモがPHSを利用した音楽配信サービスを発表! レコード会社も賛同

▼音楽はケータイで聴く時代へ? 三洋,日立,富士通が携帯電話向け音楽配信システムを発表

▼インデックスがNTTドコモの「M-stage visual」向けに格闘技映像コンテンツを配信

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!