ドコモ,「mopera」で位置情報サービス開始

ドコモのPHSでも,位置情報とリンクしたコンテンツサービスが開始される。

【国内記事】 2001年1月22日更新

 NTTドコモは1月22日,PHSを利用した位置情報サービス「mopera位置情報サービス」を,2月21日をめどに開始すると発表した。

 これは,mopera位置情報サービスに対応した端末から,ドコモが提供するインターネットサービスmoperaに接続し,コンテンツプロバイダが提供する,位置情報に関連した各種コンテンツを利用できるもの。端末は順次発売予定だ。

 サービスはドコモのPHS,32Kbps,64Kbps接続エリアで提供される。当初,ビーマップ,ハレックス,丸紅テレコムの3社が,タウン情報,鉄道乗換案内,路線バス案内,天気情報,自己位置地図表示,スポット情報,デパート地下情報など8コンテンツ以上を提供する。

 mopera位置情報サービスの料金は月額100円。ただし5月31日まで無料で提供される。別途,PHSの通話料と,コンテンツごとに設定された情報料が必要となる。

 NTTドコモでは,1998年5月からパソコンやFAXなどでPHSを持っている人の現在位置を検索できる「いまどこ」サービスを開始している。ただし,PHSの端末側が自身の位置情報を利用するのは今回が初となる。

関連記事
▼ドコモ,PHSを利用した音楽配信サービス開始へ
▼Java搭載iモードは,2001年早々にずれ込む
▼ドコモ,IMT-2000に向けPHSで映像配信サービスを開始

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!