ついに128Mバイト──メモリースティックの現在と未来

128Mバイトのメモリースティックが,4月10日に発売される。拡張モジュールも,実動する試作品が既にBlutooth,GPS,カメラなど4種類。メモリースティックの進む将来はどんなものなのだろうか。

【国内記事】 2001年2月15日更新

 ソニーは2月15日,128Mバイトの通常版およびMagicGate対応のメモリースティックを発表した。未だ64Mバイトが最大容量であるSDカードに対して一歩先行したといえよう。

 同日,都内のホテルで開かれたPalmSource Forum Tokyo 2001では,ソニーのコアテクノロジー&ネットワークカンパニーメモリースティック事業部の服部一課長がメモリースティック戦略について講演した。

2000年度の出荷枚数は1000万枚

 服部氏は,「2000年度末でメモリースティックは約1000万枚の出荷を予想している」と語る。4000万枚規模といわれるメモリカード市場のなかで,25%を占める構えだ。この比率は今後大きくなり,2003年には全体で1億枚程度の市場のうち,50%以上をメモリースティックが占めると想定している。

 「メモリースティックといっても,ソニーだけが使っているじゃないか」といった批判に対しても,「現在20カテゴリー80アイテムがメモリースティックを採用している」(服部氏)とし,シャープやアルパインなど多くのメーカーがメモリースティックを採用していることをアピールした。

2003年末には2Gバイト?

 メモリースティックの進化方向は,更なる高速・大容量化と,多機能化だ。服部氏は,2Gバイトまでを視野に入れ,容量を毎年倍増させていく計画を披露した。開発発表後,2001年早期に発売とされている「メモリースティックDuo」に関しても,「通常のメモリースティックスロットでDuoを読み書きするためのアダプタを開発中」(服部氏)とし,近く発売を目指す。

 速度面では,「現在,毎秒2.5Mバイトの転送速度を,将来的には毎秒20Mバイトまで上げていく」と服部氏は言う。

4種類のI/O拡張モジュール

 メモリースティックは,単なるストレージとしてではなく,Bluetoothやデジタルカメラなどを組み込んだものも想定されている。これは「I/O拡張モジュール」と呼ばれ,実際に動作する試作機が4種類作成されている。

 I/O拡張モジュールは,搭載メモリ容量を512Kバイトに制限することで,通常のメモリースティックとの差別化を図っていく。

 服部氏は,未だ細かな仕様は制定中としながらも「プロトコルやアプリケーションは独自のものになるかもしれないが,電気的には今のメモリースティックスロットにつながる」と説明する。ただし,従来のメモリースティックスロット全てでI/O拡張モジュールが利用できるわけではなく,「プロトコルやアプリケーションの実装のされ方によっては,簡単には(I/O拡張モジュール対応に)アップデートできないかもしれない」(展示場のソニー解説員)と,互換性には疑問が残る。


4種類のI/O拡張モジュール。すべて,実際に動作する試作機が作られている

PalmSource会場に展示された,GPS機能搭載のI/O拡張モジュール。屋内のため衛星の電波は拾えないが,実際に動作しているという

指紋認証モジュール。表面にセンサーがあるため,メモリースティックが露出する特別なCLIEを使ってデモを行っていた

デジタルカメラモジュール。製品時には,「自分撮りもできるようにカメラが回転する仕様も考えている」(服部氏)

関連記事
▼ メモリースティック“オープン化”計画
▼ ソニー,メディア部が脱着可能な「メモリースティックDuo」を開発
▼ ソニー,メモリースティック型の「Infostick Bluetoothモジュール」開発
▼ ソニー,カメラやGPS機能を持つメモリースティック拡張モジュールを開発
▼ CES会場レポート:拡張モジュールではメモリースティック,大容量化ではSDカードが1歩リード

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!