カタログには載っていない,SO503i情報(2)

【国内記事】 2001年3月12日更新

待ち受け画面と着信メロディ

 待ち受け画面はあっさりしたもの。標準で5種類の画面が登録されているが,カレンダーはない。また,オリジナルの待ち受け画面も1種類しか保存できない。

 着信時に表示される画面は,10枚の画面が登録可能。各画面ごとに5つまでアドレス帳の登録名を指定できる。

 着信メロディは,以下の設定が可能だ。またメールの着信音も,別途同等の設定ができる。

  • 電話番号に着信音を割り当てる:10件
  • アドレス帳のグループごとに着信音を割り当てる:10件

 着信音の設定が,グループごとにしかできないP503i,アドレス帳の登録名ごとにしかできないN503i,F503iに比べて柔軟性が高い。

iモード機能は平均的

 iモード機能は平均的。N503iやP503i,F503iと同じく50件保存できるBookmarkは,5つのフォルダに分類できる。

 iモードページの閲覧時にも,ジョグダイヤルは威力を発揮する。アドレス帳の時と異なり,操作に画面表示が追いつかないのは気になるが,ちょうどPCの「ホイールマウス」のような感覚でスクロールできる。また,ページ単位でスクロールする「ページ送りボタン」も付いている。

 P503i,N503iには「ラストページ」(ラストURL)機能が搭載されており,最後に閲覧していたiモードページに飛ぶことができた。SO503iにはこの機能はない。iモード閲覧中に着信があった場合は,さすがに最後に表示していたページに戻るが,iモードサイト閲覧を中止してメール作成などを行うと,最後のページに戻ることができない。意識的に「画面メモ」を行うことが必要だ。

メールの一覧性は低い

 メールの作成はスムーズ。専用に設けられた「メール」キーを押しても,アドレス帳のメールアドレス表示からでも新規メール作成が可能だ。

 送信先アドレスが数字の場合,メール作成後に,「iモードメール」か「ショートメール」か送信方法を選択できる。P503iではiモードメールとショートメールの作成はそもそも別メニューであり,N503iの場合,アドレスが英字の場合でもショートメール送信が選べてしまう。SO503iが最もインテリジェントだ。

 メール入力で特に力を発揮するのが,予測変換機能「POBox」。一度使ったら,もうこれなしでは文章を打ちたくなくなるほどの快適さだ(2月1日の記事参照)。

 送受信したメールは6つのフォルダに振り分けが可能。ただし,振り分ける設定はP503iのようにアドレス帳のグループに従うのではなく,フォルダごとに5つまでメールアドレスを設定するというもの。

 受信したメールは,受信日時とサブジェクトが一覧表示される。[#]キーを押すことで,受信日時の代わりに送信者名も表示できる。ただし,一覧表示といっても表示されるのは3件。N503iの10件表示,P503iの5件表示に比べても閲覧性は低い。

 ただし,メールの検索機能は便利だ。これは特定フォルダ内の全メールから全文検索をかけられるもの。[受信メール]から[全件表示]を行うことで,全フォルダを検索対象にすることも可能だ。

ソニー3機種目となる折りたたみの実力は?

 全般的な使い勝手としては,ジョグダイヤルは便利なものの,慣れてくると操作に手間がかかるのが気になってくる。ほかの503iシリーズはすべて,十字キーだけでなく数字キーでのメニュー選択が可能だが,SO503iだけはいちいちジョグダイヤルで操作しなくてはならないからだ。

 たとえば,N503iならば[iモードキー][4][2]と押すことで,Bookmarkされたサイトにアクセスできるが,SO503iの場合,[iモードキー][ジョグダイヤル,回す,押す(Bookmark選択)][ジョグダイヤル,回す,押す(フォルダ選択)][ジョグダイヤル,回す,押す(Bookmark選択)][ジョグダイヤル,押す(確定)]と圧倒的に忙しい。SO503iでも数字キーによるショートカットは実装できるはずであり,残念な部分である。

 これまでの503iシリーズの性能をまとめてみた。

型名 SO503i N503i P503i F503i
赤外線通信(IrMC) × ×
JPEGの表示 × ×
メールフォルダ × ×
音声によるアドレス呼び出し ×
形状 折りたたみ 折りたたみ ストレート ストレート
十字キー ジョグダイヤル パッド型 スティック型 分離型
iアプリ保存件数 5〜10件(実質10件) 5〜10件(実質5件) 7件 4〜50件
着信メロディ 24和音 16和音 16和音 16和音
液晶 半透過型カラーTFT6万5536色 半透過型カラーTFD4096色 半透過型カラーSTN256色 反射型カラーSTN256色
サイズ(幅×高さ×厚み) 49×98×28ミリ(折りたたみ時) 48×93×22ミリ(折りたたみ時) 45×128×17ミリ 46×135×15ミリ
重さ 115グラム 98グラム 74グラム 77グラム
最大表示文字数 10文字×9行 15文字×14行 12文字×10行 10文字×10行
連続通話時間 140分 135分 140分 135分
連続待受け時間 210時間 460時間 400時間 430時間
電池容量 680mAh 600mAh 570mAh 570mAh

 503iシリーズ中2機種目の折りたたみ型ということで,最後に折りたたみ関連機能も見てみよう。N503iでは,通話中の折りたたみ動作を3パターンから選べる。

  • ミュート マイク,スピーカー機能オフ
  • 保留音 相手に保留音が聞こえる
  • 終話 通話を終了する

 しかしSO503iにはこれらの設定項目がなく,通話中に折りたたむと不思議な現象が起こる。マイクとスピーカーが密着し,通話相手は,自らの声をSO503iを通じて聞くはめになる。通話中に折りたたむことは考慮されていないということだろうか? 細かなことだが,N503iの折りたたみ型の歴史の長さを感じる部分である。

関連記事
▼ やっぱり「SO503i」は速かった──ベンチマーク結果
▼ ソニー「SO503i」
▼ SO503i,3月9日発売──24和音,6万色TFT液晶
▼ C406SのPOBox
▼ カタログには載っていない,N503i情報
▼ iアプリで“ポスペ”キャラが宝探し──SCNが503向けサービスをスタート

[九条誠二,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!