3GPP【すりーじーぴーぴー】

【国内記事】 2001年3月19日更新

 3GPP(3rd Generation Partnership Project)は,3G技術の標準を策定するためのパートナーシップ・プロジェクトである。GSMコア・ネットワークをベースにしたW-CDMAの推進機関でもあり,ARIB(日本),CWTS(中国),ETSI(欧州),T1(米国),TTA(韓国),TTC(日本)の6つの標準化機関で構成されている。

 3GPPでは1999年末に策定したリリース99に次いで,リリース2000を開発した。NTTドコモの「FOMA」はリリース99を採用するが,J-フォンなどはより機能拡張されたリリース2000を採用するためサービス開始時期が遅れることとなる。

 W-CDMA技術を中心とする3GPPに対して,cdma2000技術の標準策定を行うプロジェクトが3GPP2(3rd Generation Partnership Project 2)である。こちらは,TIA(米国)のほかはARIB,CWTS,TTA,TTCと,3GPPとメンバーが重複しており,3Gの規格策定に対する当時の混迷ぶりがうかがい知れる。

関連記事
▼ 次世代携帯電話サービス導入を延期するJ-フォンの思惑

[江戸川,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!