DS-CDMA【でぃーえすしーでぃーえむえー】

【国内記事】 2001年4月2日更新

 第三世代移動体通信(3G)の標準方式として日本がITUに提案したのは,NTTドコモを中心として開発したW-CDMAであった。日本のW-CDMA方式は欧州の提案した方式と共通する事項が多かったことから,方式の統一がスムーズであったが,米国の提案したcdma2000方式とは相容れない部分があり,最終的にITUの勧告ではそれらの方式が全て認められることとなった。

 この時に,CDMA方式でなおかつFDD方式である類似の2つの方式を区別する呼称として,W-CDMAをDS-CDMA,cdma2000をMC-CDMAとしている。

 DS-CDMA(Direct Spread-Code Division Multiple Access)は,直接拡散方式を使うスペクトラム拡散通信で,広帯域を使って信号を拡散することによりほかのノイズや干渉波の影響を少なくできるという特徴がある。

 DS-CDMA方式では,送受信とも二段階の変調・復調(拡散・逆拡散という)を行っている。まずは送信時に信号を一次変調し,その信号に拡散符号と呼ばれるコードを掛け合わせる。このことにより,信号は広帯域に拡散され,出力が小さくなって送出される。

 受信側では複数の信号に,送信側の拡散符号と同じものを掛け合わせる(逆拡散する)ことで,元の信号だけを取り出すことができる。つまり拡散符号は一種の暗号の役目を持っていることになる。

 信号の送出後に加わったノイズや干渉波は,この逆拡散によって,広帯域に広がった小さな信号レベルに変換されるため,信号に対しての影響度合いは極めて低くなるというわけだ。

(図版:http://www.its.go.jp/ITS/j-html/ST/20000523-1.gifより)

(図版:http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ rd/tech/images/mult05a.gifより)

[江戸川,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!