「携帯分野のWintelを目指す」──東芝と三菱,3G携帯で開発提携

東芝と三菱電機は,第3世代携帯電話の開発について提携する。端末の開発にあたり,人的,技術的リソースを互いに補完するとし,次世代携帯電話のデファクトスタンダードを目指す。

【国内記事】 2002年3月13日更新

 三菱電機と東芝は3月13日,第3世代携帯電話の共同開発で提携すると発表した。記者会見には両社の取締役陣が顔を揃え,次世代携帯電話開発への意気込みを窺わせた。


記者会見には両社の首脳陣が顔を揃え,握手を交わした。左から東芝モバイルコミュニケーション 溝口哲也社長,東芝 岡村正取締役社長,三菱電機 谷口一郎取締役社長,三菱電機 通信システム事業本部長 中西道雄常務取締役

 今回の提携は,第3世代(W-CDMA方式)携帯端末の開発にあたり,人的,技術的なリソースを互いに補完しながら共同で進めるというもの。基本設計やアプリケーション開発およびプラットフォームの開発,半導体事業も含んだ広範囲な提携となる。

 現段階で決まっている具体的な共同開発の内容は,マルチメディア機能を備えた次世代デュアル端末(UMTS,W-CDMA/GSM,GPRS)用のプラットフォームとその商品化。また,「グローバルスタンダードとなり得るプラットフォームの開発を目指す」と,東芝岡村取締役が話す通り国際ローミング機能にも力を入れていく方針だ。

 「技術面で東芝BluetoothやSDカード周りの技術や動画の電送技術,カメラやLCDなどで強みがあり,三菱は,無線技術やセキュリティに強い。またグローバル展開を図るにあたって,三菱はヨーロッパ方面での実績があり,東芝は北米での実績を持つ。技術と市場の両面でお互いにうまく補完しあうことができる」(三菱電機中西氏)


両社の協業によるメリットと狙い。多機能化が進み,長期化する一方の端末開発を協業により短縮する

 4月より両社は共同開発を開始,2003年には技術評価機の開発を完了し,2004年に両社提携の成果となる端末を日本や欧州などの市場に投入する予定。中国や北米に向けた展開も行っていく構えだ。端末のブランディングおよび販売は「当初は,それぞれのブランド,流通チャネルで販売する」(東芝溝口氏)


両社提携のロードマップ。2004年に共同開発による第3世代端末を市場に投入する

 4月の開発スタート時は両社合わせて数十人クラスのプロジェクトとなるが,「将来的にはジョイントベンチャー化も視野に入れており,最盛期には千人クラスのプロジェクトとなることが目標。3G携帯時代のWintelを目指す」(東芝溝口氏)

 提携により開発されたチップセットやパッケージソフトウェアは「他社へのライセンスも行う予定」(三菱電機 谷口氏)といい,共同開発の趣旨に賛同するメーカーに対しては「グループに参画して近い距離で一緒に開発を行っていきたい。この提携は非常にオープンなもの」(同)と,参画を希望するメーカーに門が開かれていることをアピールした。

提携が相次ぐ携帯端末メーカー

 携帯電話はインターネットやマルチメディア機能の肥大化に伴って開発が複雑になり,開発期間の長期化などが問題になり始めている。各社が同じプラットフォームを採用すれば,開発したアプリケーションなどの活用もスムーズに行える。

 東芝と三菱の提携も「ヒト・カネ・モノで最強の補完関係を築いて開発リソースの集中化を図り,魅力的な第3世代の端末を短い期間で開発する」(東芝溝口氏)という通り,1社だけでは困難になりつつあることから実現した。端末開発を共同で行うことで効率化を図り,なおかつ高いクオリティの端末をリリースすることが狙いだ。

 2001年4月にはソニーとEricssonが携帯電話端末事業の統合を発表(4月24日の記事参照),同年8月には,松下とNECが携帯端末開発について提携を発表 (8月21日の記事参照) している。

 松下とNECの協業の目的は,「2.5世代のGSM/GPRSから第3世代も含む,必要に応じた製品の相互補完」で,2.5世代端末に関する協業でも合意している。東芝と三菱が「第3世代端末開発」にフォーカスした提携を結んだのは,どこよりも早く第3世代端末の開発プロジェクトを発足させ,デファクトスタンダードを確立するという方針に基づくもの。実際,ライバルとなるメーカーについて両社は,「松下とNECのアライアンス」を挙げている。

関連記事
▼ 松下とNEC,携帯電話端末開発で提携――焦点はソフトウェア
▼ ソニーとEricsson,携帯電話端末事業統合へ

[後藤祥子,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!