Mobile:NEWS 2002年5月10日 03:21 PM 更新

KDDI、2003年4月よりCDMA2000 1xEV‐DOの試験サービスを開始

KDDIは2GHz帯をデータ通信専用に使う意向を明らかにした。最大2.4Mbpsのデータ通信速度を持つ1xEV-DOを用いる。音声通信については、引き続き800MHz帯を用いていく。

 KDDI、沖縄セルラーは、第3世代移動通信システムとして、最大2.4Mbpsの高速データ伝送方式「CDMA2000 1xEV‐DO」を導入、2003年4月から関東地区で試験サービスを行うと発表した。試験サービス後、2003年10月より関東地区で本サービスを提供する。2004年3月には、中部、関西地区にエリアを拡大する。

 CDMA2000 1xEV-DO方式は、最大2.4Mbps、平均500K〜600Kbpsの伝送速度を実現する高速データ専用無線方式で、電話とデータ兼用のcdmaOneやCDMA2000 1xとは異なるシステム設計思想に基づいた高速のベストエフォート型データ専用システム(2001年7月の記事参照)。国際的に開発が進められており、(国際電気通信連合(ITU)において、2001年11月にIMT-2000の一方式として新たに登録された。

 KDDIでは、モニターに限定した試験サービスを通じて、多様な利用環境のもとでシステムや端末の最適化を図り、提供サービスに対する具体的なユーザニーズを把握した上で本格サービスに望む方針。モニター規模、試験時の料金設定など詳細は未定。

 今回2GHz帯の利用については「音声端末のイメージではない。あくまで中心はデータ」(KDDI)。逆に、現行のCDMA2000 1xを導入している800MHz帯でも、「2003年度中に1x EV-DOを導入できるよう検討している」(KDDI)。

 2GHz帯は1x EV-DOを用いたデータ通信専用、800MHz帯では音声を扱うと共にEZwebなどの利用に向けて1x EV-DOの採用を検討している状況だ。

 なお、バックボーンなどの詳細も明らかにされていない。



関連記事
▼ HDR【えいちでぃーあーる】
HDR(High Data Rate)は米クアルコムが開発したcdmaOne向けの技術で、1.25MHz幅の周波数帯域のまま、上り最大153.6Kbps、下り最大2.4Mbpsのデータ通信を実現する。

▼ CDMA2000 1x EV(HDR)はなぜ安い?──HDRの仕組み
試験サービスが開始されているNTTドコモのFOMAに対して、CDMA2000 1x/1x EVを採用するKDDIは、低コストをウリ文句としている。低コストを可能にするCDMA200 1EVこと「HDR」とはどんな技術なのか。クアルコムジャパンに聞いた。

▼ インフラではなく新しいサービスが3G──KDDI
第3世代携帯電話サービスを延期したKDDIの技術企画部長が、WORLD PC FORUMのパネルディスカッションに登場。「インフラではなくサービスこそが3G」と力説するが……。

▼ CommWorks、CDMA2000 1xEV-DO対応製品提供を開始
米CommWorks Corporationは、実地試験向けにCDMA2000 1xEV-DO対応製品の提供を開始したと発表した。

▼ 米Qualcomm、米AirvanaにCDMA2000 1xEV-DO技術をライセンス供与
米Qualcommは10月22日、 同社のCDMA技術に関する特許の一部をAirvanaにライセンス供与する契約を締結したと発表した。


関連リンク
▼ ニュースリリース
▼ KDDI

[斎藤健二&後藤祥子, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!