Mobile:NEWS 2002年5月21日 12:00 PM 更新

赤外線が携帯を変える──504i(1/2)

一見地味な、「504iに赤外線が付いた」というニュース。しかし、赤外線は携帯だけでなく周辺の機器すべてを一変させる可能性を持っている。携帯でPushサービスを受け取ったり、家電のコントローラにしたり……504iの赤外線は「単に付いた」だけではなく、今や小型PCと化した携帯の機能と十分に連動するよう考えられた仕様になっている。

 504iの各機能の中で、地味ながら最も革新的なのは赤外線通信機能を標準搭載したことだろう。もちろん、これまでも赤外線を内蔵した端末はあった。しかし、504iほど赤外線通信を積極的に活用しようとするのは初めてだ。

 504i向けにコンテンツを提供するプロバイダが、最も関心を寄せているのも赤外線だ。「容量が大きくなったことや速くなったことは大きいが、それ以上に大きいのは赤外線が付いたこと」(ケイ・ラボラトリーの千葉功太郎取締役)

 赤外線は携帯を大きく変える。1つは“Push型サービス”を実現できるということ。2つ目は、あらゆる機器のコントローラとして使えるということ。そして3つ目は、“ドコモを経由しない通信方法”であることだ。

携帯をかざすとiアプリが自動起動──Pushサービスの実現

 Bluetoothや無線LANのホットスポットが流行り始めたとき、メリットの1つとして語られたのが「その場所に合ったコンテンツを流せる」こと。レストランに行けばメニューの情報が、駅前では電車の時刻表やタウン情報が、デパートではお買い得品の情報が……と場所に応じて異なった情報を提供しようという構想だ。

 504iでは赤外線を利用することで、このPush型サービスを実現可能にしている。

 具体的な利用はこのようになる。レストランの席に座る。テーブルに設置された赤外線送信部に携帯を向けると、携帯が赤外線を受信し、特定のWebページが開いたりiアプリが起動されたりする。POSレジと組み合わせて、携帯をポイントカードにすることも可能だ。「携帯をPOSレジにかざすとiアプリが自動的に立ち上がる。つまりコンテンツが飛び出してくる。Push型だ」(赤外線やBluetoothの技術開発を専門とするリンク・エボリューションの北角権太郎氏)

 このようなことが可能になったのは、単に赤外線通信機能が乗ったためだけではない。504iでは、赤外線を受光することで特定のiアプリを立ち上げることが可能になっている(5月20日の記事参照)。またiアプリの起動の際は、端末内にそのiアプリが保存してあればそのまま起動、なければWebからダウンロードして起動するというインテリジェントな動作が行われる。

 さらにWebとiアプリがシームレスに行き来できるようになったことが、快適なPushサービスの実現に貢献した。504iでは、ユーザーが意識的に立ち上げることなく、Webページからの連続した流れとしてiアプリを扱うことができる。「ECサイトで商品を見ていて、買い物するというところを押すと、HTMLのリンクからJavaのダウンロードがスタートして、Javaが起動する。そこからまたHTMLページに戻れる」(千葉氏)。

 ブラウザからiアプリを呼び出す際には、引数を持たせることもできる。「アプリの立ち上げ方を変えることができる。普通にアプリを立ち上げればトップメニューからたどることになるが、ECサイトで商品をクリックすると、アプリがその商品の画面から立ち上げられる」(千葉氏)

携帯がすべての機器をインターネット対応にする

 近頃、家電のインターネット対応が流行している。電子レンジや冷蔵庫までインターネットに接続できるようになってきた。しかし、その効用はともかく大きなコストアップは避けられない。

 携帯に赤外線が付いたことで、さまざまな家電製品のコントローラとして携帯を使えるだけでなく、携帯を経由して家電をインターネット対応にする道が開けてきた。「赤外線でつなげば、周りがすべてインターネット対応家電になる」(北角氏)

 例えば、赤外線搭載電子レンジを考えてみよう。まず、携帯を電子レンジにかざす。すると携帯が“電子レンジ専用iアプリ”を起動する。まず、この専用iアプリからは複雑な電子レンジの操作が可能だ。電子レンジ自体にさまざまなボタンを搭載することなく、プログラマブルなコントローラの働きを携帯が果たす。さらにこのコントローラは常時インターネットに接続しているため、レシピのダウンロードなども可能。Javaと赤外線によって、単なる電子レンジが高度なユーザーインタフェースを持ったインターネット対応家電に化けるわけだ。

 さらにはビデオデッキ。もはや難しい予約に悩む必要はない。携帯でインターネット上の番組表を見て録画チェックし、赤外線で送信すればいい。

 コストが厳しいおもちゃの世界もそうだ。インターネット対応はもちろん、複雑な動作をさせたりボタンをたくさん付けることもコスト的に難しい。しかし赤外線通信ポートを付けるだけで、操作用のコントローラの役割を携帯が果たしたり、携帯を経由してインターネットから新しいデータを取得することが可能になる。

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 1/2 | 次のページ



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!