Mobile:NEWS 2002年6月10日 02:47 PM 更新

504iを解剖する(1)
504iはFOMAより速い?

通信速度が3倍に向上したという504i。果たしてその速度アップは体感できるものなのか。503iS、504i、そしてFOMAを並べて同じページを表示させてみた

 504iシリーズの最大の売り物は“速くなったiモード”だろう。下り通信速度が従来の9.6Kbpsから28.8Kbpsまで高速化(2001年9月の記事参照)。通信速度が3倍になったため、iアプリのプログラムサイズも3倍に増やせた、とNTTドコモは説明しており、高速化はiモードに大きな変化をもたらした(5月21日の記事参照)。

 しかし“従来の3倍”という速度は本物なのか。速くなったといっても、それはネットワークの一部分に過ぎない。ユーザーはその速さを体感できるのだろうか。

503i、FOMAと並べてみると……

 ZDNetでは504i、503iS、FOMAを並べてiモードサイトの表示速度テストを行った。使用した機器は以下の通り。時間は休日の夜11時、場所は都内にある筆者の自宅である。iモード、FOMA共に電波状況は良く、ほぼ常に最大感度を示している環境だ。

機種公称下り通信速度
N503iS9.6Kbps
N504i28.8Kbps
FOMA N2002384Kbps

 テストはまずiメニューの「メニューリスト」の取得。続いて「天気/ニュース/情報」のページを表示、さらに「朝日・日刊スポーツ」のページを表示させて、それぞれの速度を比べてみた。

 また、iモードの接続から開始して、iメニューの取得を行った。そして、公式サイトではなくZDNetの非公式ページからJPEG画像を表示させた。


左からN503iS、N504i、FOMA N2002(クリックして動画再生 MPE-1/2.6Mバイト)

 普通に考えると、ほかの10倍以上の速度を誇るFOMAの圧勝に見えそうだ。しかしテストの結果では、多くの場合504iが最速。FOMAがそれに続く場合が多かった。

 やはり大きな差がついたのは画像の表示だ。カラーカプセル画像(GIF、約8.2Kバイト)、グラデーション画像(GIF,約5.7Kバイト)共に504iが最も表示が速く、続いてFOMA、最後が503iSとなった。

 意外だったは文字が多いページ。文字が中心のページではデータ転送量が少ないため、通信速度の違いはあまり影響しないと予測していた。しかし、実際は504iやFOMAの表示が速く、503iSは苦戦した。

 iモードの接続から始めた場合、苦しんだのはFOMAだ。N2002はiモード接続にかかる時間が長く、503iSにも負けてしまった。

速度アップが体感できる504i

 やっぱり504iは速かった。テストは掲載した映像以外に計3回行っているが、それぞれ大きな違いは出ていない。また、この速度差は実際の使用感とも一致する。504iは確かに速い。

 文字中心のページでも504iが速いのは、うれしい誤算。HTMLを解釈するCPUの性能アップも貢献しているのかもしれない。

 期待通りにいかなかったのはFOMA。理論的な通信速度は圧倒的に速いのだが、実際には504iと同等の表示速度の場合が多かった。ただしFOMAは、まれに超高速表示される場合があったことを付記しておく。

 また、N2002はiモードの接続に時間がかかる場合が多い(2001年10月の記事参照)。iモードの利用シーンを考えると、何ページも続けて見るよりもBookmarkなどから目当てのページを数ページだけ見ることが多い。つながった後の速度よりも、最初の接続にかかる時間のほうが体感速度の向上につながりやすい。

 今回のテストはNEC製端末3機種を用いて行ったが、機種によって速度に違いがある可能性もある。このため、N504iとP504iでもテストを行った。


左がN504i、右がP504i(クリックして動画再生 MPE-1/1.2Mバイト)

 こちらのテストでは、P504iのほうが若干速いようにも見える。CPU速度の違いが影響している可能性もあるが、通信途中のブラウザの表示方式の違いもあるため、速度の差をはっきりとは判別できなかった。FOMAに関してもP2101Vを試してみたが、N2002とまったく同じ速さというわけではないようだ。単に無線通信方式の違いだけでなく、端末自体の性能がiモードページの表示速度に影響を及ぼしている可能性も考えられる。

 夜11時のテストに引き続き、平日午後1時に赤坂見附駅付近、編集部のある赤坂近辺でもテストを行った。編集部でのテストは、各機種それぞれ電波が安定しなかったが、傾向としては夜11時のときと同じだった。

 なお、iモードの通信速度は504iでも503i以前でもベストエフォートであり、同時に多数の通信を行うと速度が落ちるといわれている。しかし電波状況が良いせいか、テスト環境では1機種でiモードページを表示しても、複数台で表示しても速度に大きな違いがなかったことを最後にお伝えしておく。

関連記事
▼ ドコモ夏野氏が語る、504iのアピールポイントとは
▼ 504i総力特集
▼ ドコモ、iモードを高速化──来年春の新端末から
▼ 案外つながるぞ、FOMA──都心部で通話テスト

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!