Mobile:NEWS 2002年7月16日 03:09 AM 更新

写真で見る、「D251i」&「F251i」(1/3)

iショット端末の第2弾、第3弾が発売された。画素数こそ「SH251i」に劣るが、画像保存枚数や着メロ、各部の使い勝手はよく練られている。また、504i相当の拡張絵文字にも対応していることも見逃せない

 三菱電機製の「D251i」、富士通製の「F251i」が発売された(7月15日の記事参照)。251iシリーズの特徴は、(1)CCDカメラ内蔵 (2)カラー背面液晶搭載 (3)iショット対応といったところ(7月12日の記事参照)。

 D251iの主な特徴は、

  • 暗い場所での撮影を補助するライト搭載
  • 有効画素数17万画素ながら、31万画素相当の画像出力
  • メモリースティックDuo対応
  • 本体内にiショット970枚の画像を保存
  • 拡張絵文字に対応

 F251iの主な特徴は、

  • 12色に光るアンテナ
  • 本体内に最大1000枚の画像を保存
  • 画像編集機能が充実
  • 拡張絵文字に対応

 編集部で購入した、フューチャリングシルバーのF251i、モードメタルのD251iを写真を中心に見ていこう。

各部を写真でチェック

 251iシリーズの3機種は、よく似ている。それぞれ折りたたみ型で、背面にカラー液晶を搭載し、先端部にカメラを内蔵。各機種共にアンテナを内蔵したり、光らせたりと凝ってはいるが、基本的なスタイルは同等だ。

 最も重いのはD251i。最軽量はF251iだが、一昔前の端末に比べると重い105グラム。最も薄いのはSH251i、厚いのはD251i。数字としては、1ミリとか5グラムの違いだが、ダイヤルキー周りががっしりしていることもあり、D251iは大きく重い印象を受ける。

 背面液晶は、それぞれ256色STNだが、SH251iは横長。D251iとF251iは縦長だ。サイズもSH251iが対角22ミリなのに対して、F251iとD251iは対角25ミリと多少大きくなっている。各機種ともファインダー代わりに利用できるが、F251iだけはアナログ時計を表示できない。


左からD251i、F251i、SH251i


背面。左からD251i、F251i、SH251i。F251iだけが液晶部にスピーカーを備えている。電池パックは、F251i、D251iは504iシリーズと共用だ


SH251i(左)とD251i(右)のライトを点灯させたところ。光量に関しては、D251iのほうが若干多いような印象も受ける。またD251iは7段階に明るさを調整できる。ただし、SH251iのようにシャッターが切れる瞬間に光量が増す……といった仕掛けはない

[九条誠二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 1/3 | 次のページ



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!