Mobile:NEWS 2002年7月17日 01:34 PM 更新

ドコモ、504iを銀行キャッシュカード代わりに使うデモ

WIRELESS JAPANのドコモブースでは、504iのiアプリと赤外線通信機能を利用して、携帯を銀行のキャッシュカード代わりに利用するデモが行われている。アイワイバンクと検討を進めているもの

 7月17日から東京ビッグサイトで「WIRELESS JAPAN」が開幕した。NTTドコモのブースでは、携帯電話を銀行のキャッシュカード代わりに利用する「モバイルキャッシュカード」(仮称)のデモが行われている。参考出展されたもので、開始は来年となるもよう。


 ドコモがアイワイバンク銀行(IYバンク)と共同で検討を進めているもので、ブースには専用のIYバンクのATMが設置され、預金を下ろしたり、振り込みを行うデモが行われた。キャッシュカードの代わりに、ドコモの「504i」シリーズを使い、赤外線通信機能を使って認証を行う。キャッシュカードを使うのと機能的には変わりないという。

 ユーザーはあらかじめ、認証情報などが記録された自分専用のiアプリをサイトからダウンロードしておく必要がある。iアプリを起動し、ATMの赤外線受光部に向けると、その後はキャッシュカードを差し込むのと同じように操作が行える。iアプリ上であらかじめ振込先と金額を入力しておくことで、振込も簡単に行えるようになる見こみ。


 現在は対応端末の都合もありATMとの通信に赤外線を用いるが、「どうしてBluetoothではないのかという話もいただくし、(非接触)ICカードも将来的にはあり得る」と、ドコモの平野敦士アライアンス推進担当課長(iモード事業本部iモード企画部)は話す。今のところ「赤外線は指向性があるし、(デバイスの)単価が安い」(同氏)のがメリット。

 金融向けの赤外線通信プロトコルとしては、ビザインターナショナルが開発した「IrFM」という仕組みもあるが、今回のソリューションでは基本的な「IrMC」を用いる。「(IrFMは)プロトコルが決まっているだけ。まだIrFMを搭載した機械は出回っていないし、普及すればソフトウェアで対処することも考えている」(同氏)。

 ドコモブースには、「504i」シリーズやカメラ内蔵型端末「251i」シリーズが展示されているほか、「M-stage visual」に対応したPHS「Lookwalk P751V」(7月8日の記事参照)やPDA型の「FOMA SH2101V」(7月9日の記事参照)なども手にとって触ることができる。



関連記事
▼ 504i赤外線ソリューションの期待と課題
ビジネスシヨウには、504iの赤外線を使ったソリューションが複数展示された。いわく「携帯がビデオの会員証になる」「携帯でカラオケ予約ができる」……。その展示は、大きな可能性を感じさせると共に、現状での課題も浮き彫りにしていた

▼ 赤外線が携帯を変える──504i
一見地味な、「504iに赤外線が付いた」というニュース。しかし、赤外線は携帯だけでなく周辺の機器すべてを一変させる可能性を持っている。携帯でPushサービスを受け取ったり、家電のコントローラにしたり……504iの赤外線は「単に付いた」だけではなく、今や小型PCと化した携帯の機能と十分に連動するよう考えられた仕様になっている


関連リンク
▼ アイワイバンク銀行
▼ WIRELESS JAPAN 2002

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!