Mobile:NEWS 2002年8月26日 03:25 AM 更新

鷹山、64Kbps定額データ通信の試験サービス

鷹山がIPフォンの今後のサービス概要を明らかにした。バックボーンと基地局との接続に使われているISDNを光ファイバに置き換え、無線通信はPHSの回線交換を用いる形で、10月から試験サービスを始める

 鷹山は10月より3カ月間、東京都板橋区(徳丸)にてPHSと光ファイバ網を利用した定額64Kbpsデータ通信の実験サービスを開始する。募集人数は最大300人。トラフィック分析と市場性や技術課題の検討が目的となる。

 現在32Kbpsのデータ通信速度を64Kbpsへ引き上げると共に、電力グループと提携しバックボーンへの接続の光ファイバ化を進める。PHSの基地局はNTTから借り受けたISDNでバックボーンに接続されており、通信コスト引き下げの最大のネックとなっている。ここを光化することでコストの削減を狙う。

 ただし置き換えスケジュールは明らかにしておらず、「ISDN回線への接続を早い段階でIP(光ファイバ)に切り替える」(鷹山社長の高取直氏)と説明するに留まっている。

 光化に伴って、基地局の数も現在の約10万局から半分程度に減らす予定。23区内の4万局を中心に、初期に設置した20mW出力の基地局を後期の400mW出力のものに変えることで、エリアの広さはそのままに数を削減する。それによって収容回線数は減少するが、現在アステル東京の契約者数は23万3500であり、5万局になっても十分ともいえる。

 サービスの商用化、特に料金については今回も明確な回答を避けた。モニターを通じた実験で決めていくとしており、「(4980円で定額データ通信サービスを提供している)DDIポケットやアステル関西(ケイ・オプティコム)のサービスを十分に意識している」(高取氏)というに留めている。

 2003年以降には、光化されたPHS網内では、音声通話が定額料金で利用できる「キャリングIPフォン」を展開する予定だ。ただし、こちらの詳細は明らかにされていない。


今後のスケジュール

携帯電話と競合する気はない──鷹山

 当初、「無線LANのエリア内ではVoIPの音声サービス、着信にはページャ網を使う」と語っていた鷹山だが(4月2日の記事参照)、この構想は技術的課題から実現が難しくなってきた。独自端末を開発する難しさもあるが、ページャの場合、呼び出しから着信まで30秒程度かかるという“遅延”が現在も問題となっているようだ(5月14日の記事参照)。

 結局、鷹山のIPフォンサービスはバックボーンから基地局までを光ファイバで、基地局から端末までをPHSの回線交換方式で結ぶ形で落ち着きそうだ。この方式は既に関西のケイ・オプティコムが定額データ通信サービス「eoシリーズ」として提供しているものに近い(用語)。

 鷹山のサービスでは、データだけでなく音声通話もターゲットにしているが、この方式は技術的には実績がある。ケイ・オプティコムのeo64は大好評でサービス開始後加入者を急速に増やしており、鷹山のサービスにも期待が持てそうだ。“ページャを利用したIPフォン……”という大風呂敷から、現実的な線に落ち着いたともいえる。


PHS事業の加入者数見通し。2004年3月には、現在のほぼ倍増となる43万5000人を見込んでいる

 高取氏は、今回「われわれは小さなベンチャー」という言葉を連発。「(携帯電話などの)モバイルと競争する気はない。大変な速度で移動するものはモバイルにお任せする」と、自社のIPフォンの位置づけを説明した。

 現在の次世代携帯電話に不満があるとし、「(ページャと無線LANの組み合わせで)次世代携帯電話を目指していく」(同氏)と打ち上げた当初の発表と比べると、かなりトーンダウンの感がある。

 また今年秋、アステル東京の加入者に対し、定額音声通話サービスのキャンペーンを行うことも発表したが、価格帯および定額で通話可能な相手先に関しては「関東一都三県(のアステルユーザー)だけではない」というのみで、ほかのアステル事業者との連携を示唆するに留めた。



関連記事
▼ 広げた風呂敷から出てきたのは?〜鷹山
TTNetからPHS事業を買い取ったことで一躍注目を浴びた鷹山が事業説明会を催し、新サービスの概要を明らかにした

▼ 鷹山、無線LANの認証にページャーを。VoIPはPHSのOSモードで
「ページャーやPHS、無線LAN、ADSLなどの各種ネットワークを組み合わせて、音声およびデータ通信サービスを提供する」と打ち上げた鷹山。公衆無線LANやVoIPサービスの仕組みが明らかにされた

▼ 鷹山、屋外無線LAN試験サービスを開始へ
PHS基地局を活用した鷹山の屋外無線LANサービス「Bit Stand」の試験サービスが9月28日に始まる

▼ アステルのPHS網は何に使われたのか?──鷹山
“無線LANを使ったIP電話を作る”、という鷹山の構想のなかで、実現のキーとなったのは実はPHSだった。各種ネットワークのメリットを生かした鷹山のサービスの中で、評価されたPHSの意外なメリットとは?

▼ 鷹山、無線LANを使い通信オペレータに参入
携帯電話の新しい通信キャリアが誕生する。鷹山はポケットベルの「020」という番号と、無線LAN、PHS、ADSLを合わせたインフラを使い、IP電話やデータ通信などをモバイルで提供する


関連リンク
▼ 鷹山
▼ アステル

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!