Mobile:NEWS 2002年9月30日 04:43 PM 更新

日立、TV電話機能を強化する「SH-Mobile」を開発


 日立製作所は9月30日、TV電話等の動画像や音声処理を高速に実行するプロセッサ「SH7300」を製品化、11月からサンプル出荷すると発表した。1万個ロット時の価格は3000円。


動作クロックは133MHz、サイズは256ピンCSP(11×11ミリ、0.5ミリピンピッチ)

 通信処理を主として行なう端末のベースバンドLSIと接続し、音声や動画などのマルチメディアアプリケーションを専用に処理するプロセッサ。同社の次世代携帯電話端末向けプロセッサ「SH-Mobile」シリーズとしては、第3弾の製品となる。

 SH7300では、画像処理用のMPEG-4ハードウェアアクセラレータを搭載。従来のSH-Mobileシリーズなど、ミドルウェア対応のMPEG-4処理によるCPU負荷を1/5程度に軽減することで、MPEG-4処理性能を2倍以上向上。TV電話などの次世代アプリケーションの高速動作が可能となる。

 また、1280×1024ピクセル(SXGA)カメラ対応のインタフェースを内蔵。高精細カメラの画像データを高速に取り込んで画像処理を行えるほか、電子ズーム表示など多彩な表示もこなす。

 さらに、アプリケーション開発用プラットフォームや動画・音声を同時記録する「MP4」フォーマットに対応した動画記録ミドルウェアを用意。MP4データの保存および動画・音声の同期再生が可能なほか、一旦保存した動画に後から音声を吹き込むアフレコ機能など、「ビデオメール」の開発も行える。



関連記事
▼ ツインCPUが携帯にもたらすもの
携帯電話にアプリケーションプロセッサを搭載する、いわゆるツインCPUの時代が迫ってきた。特に第3世代端末では、ツインCPU化はもはや当たり前のことと受け止められている。ツインCPUは携帯電話に何をもたらし、今後どうなっていくのだろうか

▼ 「月産100万個」〜携帯CPUのデファクト目指す日立のSH-Mobile
第3世代を待たずして、携帯に独立したCPUが搭載されるのは時間の問題になってきた。日立のアプリケーションプロセッサ「SH-Mobile」を搭載した携帯電話は既に登場済み。来年には数割の端末がSH-Mobileを搭載してくるだろうと、日立は自信を見せる。Javaの高速化、美しい3D、そして動画再生と携帯の機能は一段と進化を遂げる

▼ 日立、カメラ付き携帯向け「SH-Mobile Jr」を開発
▼ intent用CodeWarriorがSH-Mobileに対応
▼ 日立,次世代携帯向けに「SH-Mobile」

関連リンク
▼ 日立製作所

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!