Mobile:NEWS 2002年11月7日 01:34 AM 更新

ドコモ、FOMAを大幅下方修正──130万から32万に

ドコモは、ついに今年度末のFOMA契約者数予想を約4分の1に当たる32万に減らした。FOMAが下方修正するなか、PHSの「定額制」の話や、50xシリーズにカメラを付ける話も飛び出した

 NTTドコモは11月7日、2002年度の中間決算説明会を行った。FOMA契約数の伸び悩みから、2002年度末時点でのFOMA契約数予想を130万から32万へと大幅に下方修正している。


NTTドコモの立川敬二社長

 これまで同社は、FOMAの予想契約数として「2002年度末で130万加入」を掲げてきた(10月23日の記事参照)。しかし当中間期末での契約数は、予想を大きく下回り14万。9月は全国で2200契約増と過去最低水準だっただけでなく、首都圏では1300契約の純減となった。ドコモの立川敬二社長は、「FOMAの販売台数が予想より伸びなかった」と認める。

 こうした状況の中、2002年度末の予想契約数は32万に下方修正された。 新端末「FOMA T2101V」も不具合から販売を停止するなど(10月18日の記事参照)、このところFOMAには逆風が吹いている。

FOMAは「来年度から本格展開」

 立川社長は、FOMAの今後の販売戦略を「来年度から本格的に展開する」と話す。

 「下期には新端末を市場に投入するが、その端末では課題とされてきたバッテリーの持ち時間が150時間と、改善されている。また、年度末までにはFOMAの人口カバー率が90%を超え、カバレージエリアの問題も解決される」(同氏)。

 FOMAのサービスエリアは10月末にかけて拡大され、全国の人口カバー率が約82%になる予定。その後、2002年度末には90%、2003年度末には97%と人口カバー率を高めていく。

 同氏はさらに、FOMA対応コンテンツ、アプリを充実させるとコメント。競合他社が3Gサービスを展開することも市場を活性化する上で歓迎するとして、「ユーザーに新しい使い方を提案していく」と話した。

「定額制PHSデータ通信」で収支改善目指す

 同氏はまた、一部で報道があった定額制PHSデータ通信事業(10月31日の記事参照)にも言及。「特にコーポレート側からニーズがある。ぜひ実現させ、PHS事業の収支改善を図りたい」と意気込みを語った。

 新サービスでは、データを無線アクセスラインの時点からパケット単位で扱い、交換機を経ずにIPネットワークに抜けさせる。「データが流れていないのに、回線を占有するということはない。この点はDDIポケットと同じ」(立川氏)という。

 同社は現在、設備の改良作業を進めている段階。開始時期は「来年度早々」で、気になる料金は「そのときに発表する」と明言を避けた。

iショットが好調

 ほかに、「iショット」シリーズの売れ行きが好調であることも紹介された。251iシリーズとして4機種を発売中のiショット端末は、6月に発売されて以来、8月15日の時点で100万台を突破(8月19日の記事参照)。現時点で250万台を売り上げており、ヒットシリーズとなっている。

 立川社長は、「静止画のカメラ端末で出遅れたのは事実だが、市場のデマンドの強さを再認識した」とコメント。「251iシリーズ以外にも、カメラ対応機種を増やす作戦でいく。年末から50xシリーズにカメラを内蔵させる考えのメーカーがあれば、それを受け入れる」(10月22日の記事参照)。

 同氏はまた、iショット端末ユーザーは従来の50xシリーズユーザーより、使用するトラフィックが多いとも紹介。今後のトラフィック増大を見込んで、画像データを扱うサーバを拡充すると話した。



関連記事
▼ 東芝FOMA端末を投入、年内にさらに数機種〜ドコモ定例会見
ドコモの定例記者会見で立川社長は、まもなく発売する東芝製のストレート型ビジュアルタイプFOMA端末を披露した。クリスマスシーズンに向けてさらに数機種を市場に投入する予定

▼ FOMAの人口カバー率が82%に
FOMAのサービスエリアが着実に広がっている。人口カバー率は、全国で82%がエリアに入るほか、首都圏では約95%まで達する

▼ 東芝製FOMA端末に不具合、販売中止
最新のFOMA端末の省電力機能にバグが見つかった。待受時間が120時間に伸びたFOMAとして期待の高かった「T2101V」だが、ソフトの改修が終了するまで販売も停止される

▼ ドコモ、定額PHSデータ通信に来春参入、月額4000円台に
読売新聞(Web版)の報道によると、NTTドコモは来春、定額PHSデータ通信サービスに参入する方針を明らかにしたという。

▼ ドコモの251iが100万台突破
カメラ内蔵で遅れをとったドコモだが、251iシリーズは大ヒット。2カ月半で100万台を超えた。今後もカメラ内蔵端末を続々投入する見込みだ

▼ 次はカメラ+iアプリ。『iモードスタイル』504iSをスクープ
iモードスタイルは23日発売の12月号で、この冬発売の「N504iS」と「P504iS」を写真付きで紹介している。久々のストレート型となる「F212i」や、着せかえ型の「SO212i」も見逃せない


関連リンク
▼ NTTドコモ

[杉浦正武, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!