Mobile:NEWS 2002年11月22日 03:47 PM 更新

iショットが返信可能に〜2月17日から

「返信できない」「電話番号が表示されてしまう」と、当初から不評だったドコモのiショットが改良される。時期は2003年の2月17日から

 NTTドコモは11月22日、iショットに新機能を追加し、受信者がメールに返信できるようにすると発表した。時期は2003年2月17日から。これまでの端末も含め、iショット対応端末すべてから利用できる。料金も変わらない。

 iショットは、ドコモのカメラ付き携帯電話から画像付きメールを送信する際に利用するサービス。送信されるメールの文面に自分の電話番号が表示されてしまう上に、相手はそのメールに返信できないという問題が当初から指摘されていた。

 ドコモによると「当初は認証のために番号通知を使っているため、(相手に届くメールに)電話番号を表示していた。しかし、通常のメールアドレスに返信したいという要望が多数あったため対応することにした」という。回線交換を利用する点、iショットメール送信時に発信者番号通知をオンにしておかなくてはならない点などは変更ない。

項目現状変更後
送信アドレスphoto-server@docomo-camera.ne.jpXXX@docomo.ne.jp
返信×
携帯電話番号通知表示非表示
エラーメール返信×


 これまで返信ができなかった背景には、iショットを扱うiショットセンターと、メールなどを扱うiモードセンターがそれぞれ独立していたことがある。今回、iショットセンターからiモードセンターへ送信者のiモードメールアドレスを照会することで、返信が可能となった。副次的に、相手にメールが届かなかった場合にエラーメールも返るようになる。




関連記事
▼ 返信できない?──iショットの課題
ドコモがカメラ内蔵端末を投入するに当たり、問題が1つあった。メールに画像を添付できないのだ。これを解決するため「iショット」というサーバシステムを作り上げたが、その出来具合は完璧とはいえないようだ

▼ 「iショット」画像送信タイミングに不具合〜利用料返金へ
ドコモは「iショット」サービスにおいて、電波状況がよい場所でもサーバに画像を送信できない「送信タイミングの不具合」があったとし、サーバの改善を図った。不具合分のiショット利用料金はユーザーに返還される

▼ iショット記事一覧
NTTドコモのカメラ付き端末「251iシリーズ」は、iショットと呼ばれるサービスを使って画像の送信が可能。登場済みの3種類の端末とiショットサービスの記事をまとめた


関連リンク
▼ NTTドコモ
▼ ドコモ ニュースリリース

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!