Mobile:NEWS 2002年12月9日 07:11 PM 更新

「SH251iS」用3D画像生成ツール、「N504iS」用赤外線リモコンデータ作成ツールが公開

「SH251iS」に搭載された3D液晶で立体視できるデータの作成法、「N504iS」に搭載された赤外線リモコンでさまざまなデバイスを制御するための設定ファイルの仕様が公開された。オーサリングツールも提供される

 シャープおよびNECは、「SH251iS」用3D画像生成ツール、「N504iS」用赤外線リモコンデータ作成ツールを公開した。これにより、一般ユーザーが3D液晶用の立体画像を作成して公開したり、これまで対応していなかった機器をN504iSの赤外線を使って操作できるようになる。

 SH251iSの3D画像作成ツールは、「3D補正ウィザード」と「3Dフォーマットウィザード」の2つ。デジタルカメラを用いて撮影した2枚の画像から立体表示できるファイルを生成する。ファイルの拡張子は「STJ」。

 N504iSの赤外線リモコンデータ作成ツールは、「IRリモコン用ダウンロードデータオーサリングツール」からなる。作成されるデータファイルの拡張子は「IRD」。ただし、N504iSからのデータ送信のみに対応しているため、制御される機器からの返信データを演算して再送信するなど相互通信が必要なリモコンの方式には対応していない。

 SH251iSは、裸眼で立体視が可能な3D液晶を搭載していたが、表示できるのは、(1)内蔵の画像 (2)公式コンテンツプロバイダの画像 (3)端末で撮影した画像を3D化したもの に限られていた(11月29日の記事参照)。ファイルフォーマットと作成ツールが公開されたことで、さらに活用の場が広がることになる。


SH251iSの3D液晶用のデータを生成する3D補正ウィザード。残念ながら1枚の静止画から立体画像を作成するツールは提供されない


N504iS用の赤外線リモコンデータを作成する、IRリモコン用ダウンロードデータオーサリングツール。データの作成には専門知識が必要となる。パスワードは「NEC#20」

 N504iSは、テレビやビデオなどの機器を制御できる赤外線送信機能を備えていたが、対象となる機器はNECが提供する一部家電に限られていた(11月26日の記事参照)。専門的な知識は必要となるが、家電メーカー自身や一般ユーザーが好きな機器をN504iSから操作できるようになる。

 同時にドコモは同社サイトで、iモード絵文字をPCから入手できる絵文字入力ツール「i絵文字」や、「N504i(S)」「SH251iS」向けの2Dアニメーションコンテンツ「E-アニメータ」のオーサリングツールなどを公開している。



関連記事
▼ N504iSの“飛び道具”、赤外線リモコンを試す
携帯の赤外線通信機能は、実は使ったことがない……人が多いかもしれない。しかし「N504iS」の赤外線は一味違う。テレビやビデオ、さらにはカラオケのリモコンとしても使えてしまうのだ

▼ OCR機能を搭載、テレビリモコンにも〜ドコモの「N504iS」登場
31万画素CMOSカメラでURLやメールアドレスを撮影すると文字データに変換、テレビのリモコンとしても使える──ドコモのNEC製端末「N504iS」が11月22日に発売される

▼ 撮った画像を3Dに〜「SH251iS」の楽しみ方
単に3D液晶を搭載しただけでなく、さまざまな形で3Dを楽しめるよう多彩なアプローチを用意しているのも「SH251iS」の特徴。例えば、iショットで受信した画像を拡大し、3D表示することも可能だ

▼ 3D液晶搭載のiショット端末「SH251iS」登場
第2世代のiショット端末が登場する。シャープ製の「SH251iS」は世界で初めて「3D液晶」を採用。カメラで撮影した写真を3Dに変換することもできる。液晶は2.2型と大きく高精細で、背面にも1.2型の液晶を搭載した


関連リンク
▼ NTTドコモ iモードツールダウンロード
▼ シャープ 3Dコンテンツ作成ツール
▼ NEC 赤外線リモコンデータ作成ツール

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!