Mobile:NEWS 2002年12月11日 08:23 PM 更新

PRISM【ぷりずむ】


 「PRISM」は、米Intersilの開発した無線LAN用チップのブランド名である。同チップを採用した無線LANカードには、PRISMロゴが表示されていることが多い。ある調査会社の2002年版レポートによれば、無線LANのチップセットのシェアは、Intersilが約70%、ORiNOCOブランドのAgere Systemsが約20%を占めるといわれている。


PRISMロゴ

 PRISMチップのラインアップには、次のようなものがある。

名称対応する規格
PRISM DuetteIEEE 802.11a、IEEE 802.11b、IEEE 802.11g
PRISM GTIEEE 802.11b、IEEE 802.11g
PRISM IndigoIEEE 802.11a
PRISM 3IEEE 802.11b
PRISM 2.5IEEE 802.11b(小型デバイス向け)
PRISM 2IEEE 802.11b
PRISMIEEE 802.11b

 「PRISM Duette」を採用した無線LAN製品は、5GHzと2.4GHzのデュアルバンドに対応し、最大54MbpsのIEEE 802.11a、およびIEEE 802.11b、IEEE 802.11gが利用できる。同チップはサンプル出荷が始まったばかりで、正式採用した無線LAN製品はまだ市場に出ていない。


図:http://www.intersil.com/design/prism/prismduette/images/prismDuetteDiagram.gifより

 メルコ「AirStation」の無線LANカードは、両社の製品が混在している。

 製品名種類チップ種類
PRISMWLI-PCM-S11無線LANカードPRISM2.5
WLI-USB-S11USBポート用アダプタPRISM2.5
WLI-CF-S11GCFタイプ無線LANカードPRISM2.5
WLI-PCM-S11G無線LANカードPRISM3
WLI-USB-KS11GKEY型USBポート用アダプタPRISM2.5
ORiNOCOWLI-PCM-L11GP無線LANカード
WLI-PCM-L11G無線LANカード

 ところで、無線LAN機器の市場を独占する両社だが、無線LAN製品に採用されている技術の特許侵害、および不正流用を主張し、互いに提訴しあっている状態だ。これはAgere Systemsが、Intersilに与えたライセンスに対して、対価が支払われなかったとして提訴したことをきっかけにしている(10月19日の記事参照)。

 Intersilでは、これを事実無根とした上で、同社の技術を使ったAgere Systemsの開発、製造、販売の中止を求める反訴を行った(10月31日の記事参照)。



関連記事
▼ ORiNOCO【おりのこ】
「ORiNOCO」は、米Proximの販売する無線LAN製品に採用されているブランド名。


関連リンク
▼ PRISM
▼ PRISM Duette
▼ Intersil

[江戸川, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!