Mobile:NEWS 2003年1月8日 00:35 AM 更新

急展開を迎える中国の携帯事情

世界第1位の契約者数を抱える携帯電話大国、中国。音声通話からデータ通信利用への移行に向けたサービス展開の兆しが見え始めている

 2002年11月末には、携帯電話利用者数が2億を超えた中国(2002年9月6日の記事参照)。2003年には次世代インフラの商用サービスが開始されるといい、音声からデータ通信サービスへの移行が始まろうとしている。

チャイナモバイルはJavaの試験サービス、チャイナユニコムはCDMA2000 1xの商用サービス

 中国は、中国移動(チャイナモバイル)と、中国聯通(チャイナユニコム)の2つの通信オペレータが携帯電話サービスを展開している。

 チャイナモバイルは、2002年9月にGPRSネットワークを利用した携帯電話インターネットサービスを開始、10月にはMMS(用語参照)の提供を始めた。6機種前後あるという、チャイナモバイル推奨の対応端末でMMSサービスを中国全土で利用できるようになったと、インデックス国際事業部の渡辺孝弘氏は言う。

 チャイナモバイルの携帯電話によるインターネットサービス「モンターネット」では、携帯インターネットのパケット課金が開始され、MMSでは和音の着信メロディ(1月7日の記事参照)やカラーの待ち受け画像など、よりリッチなコンテンツの配信が可能になった。パナソニック2002年6月3日の記事参照)やSony Ericsson(8月19日の記事参照)などのカメラ付き端末を使った画像付きメールの送受信にも対応、カメラ付き端末の価格は「高いもので日本円で10万円ぐらい」(渡辺氏)。日本の販売価格に比べると高価だが、カメラ付き端末の品薄状態が続いていたからか、好調な売れ行きだという。

 1月中旬には広東省でJavaの試験サービスが始まる見込み。渡辺氏は「春頃には携帯Javaのサービス動向が見えてくるのでは」と予測している。

 CDMAとGSMネットワークを使ったサービスを提供しているチャイナユニコムは、1月下旬にも広州を起点にCDMA2000 1xの商用サービスを開始する予定。CDMA2000 1x方式ネットワークのマルチメディアメッセージングソフトにはACCESS製品を採用するといい、ACCESSは中国にソフト販売子会社を設立している(2002年8月20日の記事参照)。2002年11月には「BREWに関するフォーラムが立ち上げられた」(鄭氏)といい、次のステップの視野に入っているようだ。

 3Gサービスについては、チャイナモバイルがW-CDMA(2002年8月2日の記事参照)、チャイナユニコムが、CDMA2000 1x(2002年10月22日の記事参照)からCDMA2000 1x EV-DO(2002年4月23日の記事参照)という路線が語られている。

 しかし、2002年10月29日にウォール・ストリート・ジャーナルは、中国政府が「TD-SCDMA」と呼ばれる同国独自の3G携帯電話技術を推進しており、そのためのアライアンス結成に向けて中国の主要通信機器メーカー/金融機関/チャイナモバイル/チャイナユニコムの代表や中国の高官らが会合を持つ予定があるという事情通の話を報じている(2002年10月29日の記事参照)。



関連記事
▼ インターネットの普及はモバイルから〜中国の携帯電話事情
12億7000万人もの人口を抱える中国は、日本の携帯電話業界にとっても魅力的な大市場であり、参入を目指す企業が多い。その中国では今年後半から2.5世代サービスが本格化、音声通話からデータ通信利用への移行が始まろうとしている

▼ 中国への携帯ビジネス参入を阻む厚い壁
人口12億7000万という大きな中国市場への参入を目指すコンテンツプロバイダは多い。しかし、参入を果たすには、いくつかの壁を乗り越えなければならないのが現状だ

▼ 人口の多さ以外にも注目すべき点はある〜インデックスの海外戦略
世界にさきがけて携帯電話のマルチメディアサービスが進んでいる日本の企業にとって、海外市場の動向は気になるところ。海外展開に積極的なインデックスは人口や普及率以外の観点からも重要な国はあるという

▼ 中国の携帯ユーザーは何を求めている?〜中国の携帯電話事情
音声からデータ通信へ──日本と同様、中国でもデータ利用への移行の兆しが見え始めている。年内には2.5世代ユーザーが約30%になると予測される

▼ 中国、独自3G規格推進へ
北京の人民大会堂に中国の政府高官/産業界の要人が集まって、同国独自の3G規格「TD-SCDMA」推進に向けた業界アライアンスを結成する

▼ Qualcomm、中国ZTEにCDMA2000 1xEV-DO技術をライセンス
▼ NEC、チャイナモバイル向け2.5世代端末を出荷開始
▼ NECと松下通工など、3G端末事業展開で中国に新会社
▼ インデックス、海外向けNEC製ケータイ用メーカーサイトを構築
▼ Sony Ericsson、中国で営業開始
▼ ACCESS、中国にソフト販売子会社を設立
▼ 加入者数世界一の携帯キャリアはChina Mobile
▼ Sony Ericsson、携帯新機種発表
▼ 中国連合通信、CDMA2000 1x機器調達で各社と契約
▼ ヤマハ、広東省で携帯電話向け着信メロディの配信を開始

関連リンク
▼ インデックス
▼ スリーレインボー

[後藤祥子, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!