Mobile:NEWS 2003年2月19日 04:21 PM 更新

XScale入り携帯電話、続々登場

IntelのXScaleプロセッサを搭載した携帯電話が、2003年、海外を中心に続々登場する

 IntelのXScaleコアを搭載した携帯電話が、海外を中心に続々登場する。Intelは、日立製作所、Maxon Telecom、MiTACがXScaleコアを使ったPXAプロセッサ搭載の携帯電話を製品化することを発表した。

 日立製作所はXScaleテクノロジに基づくプロセッサを搭載したPocket PC OS搭載端末「マルチメディア・コミュニケータ」を投入予定。海外のCDMAネットワーク対応製品として2003年中に製品化を予定している。

 韓国の携帯電話メーカーMaxonは、XScaleコアを統合した携帯向けチップ「PXA800F」(コードネーム:Manitoba2月13日の記事参照)を搭載したGSM/GPRS携帯電話を投入する予定だ。「Maxon MX-E20」という名称で、背面にもカラー液晶を備え、ビデオプレーヤや内蔵カメラ、MMS、ゲームなどの機能を備えるという。2003年後半に製品化予定。

 台湾に本社を置くMiTACは、「MiTAC 8380 スマート・フォン」と呼ぶ折りたたみ型の携帯電話を予定している。XScaleコアにフラッシュメモリを積載した「PXA262」プロセッサ(2002年10月の記事参照)を搭載し、OSにはMicrosoftの「Smartphone」(2002年12月の記事参照)を採用する。折りたたみ型のSmartphone搭載携帯電話は初めて。GSM/GPRS対応で2003年第1四半期後半に製品化を予定している。



関連記事
▼ Wintel携帯が登場
MicrosoftとIntelは、Intel PCAアーキテクチャーに基づくWindows Powered Smartphoneコンセプトデザインを発表した。EMS大手のWistronが最初の端末を製造、今年後半の出荷を予定している

▼ Intel、携帯向け統合型XScaleプロセッサ「PXA800F」を発表
初の“Wireless Internet on a chip”こと、「Manitoba」が正式発表された。「PXA800F」と名付けられたこのチップは、XScaleコア、MSAコア、フラッシュメモリ、SRAMを1チップに混載。普及価格帯の携帯電話への搭載を狙う

▼ 積み重ねて面積を減らす〜インテル、新XScaleプロセッサ
携帯向け部品に求められているのは単なるパフォーマンスだけではない。「消費電力と面積」が重要だ。インテルは1.8V動作により低消費電力を実現したStrataFlash、および複数のチップを重ね合わせるスタック技術によって実装面積を削減したアプリケーションプロセッサを発表した

▼ “携帯のOS”に狙い定めるMicrosoft
携帯の世界でも“標準OS”が必要な時期にきている。Microsoftは、「Smartphone」と「Pocket PC Phone Edition」を武器に、携帯電話OSでもスタンダードを目指す


関連リンク
▼ インテル

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!