Mobile:NEWS 2003年4月18日 10:36 PM 更新

迷惑メールは入り口で止められるのか?

いくらキャリアが対策を打っても迷惑メールが止まらないのなら、入り口であるISPで遮断できないものか。携帯向け迷惑メール対策としてできることと、その限界を大手ISPであるSo-netに聞いた

 携帯電話へ届く迷惑メールを遮断するには、いくつかの方法がある。

 1つは、受信側である端末で防ぐ方法だ。先にメールの題名をチェックして、迷惑メールを受信しない「選択受信機能」(FOMAや505iで搭載)がその1つ。

 2つ目は、途中のメールサーバで遮断するやり方。ドメイン指定受信や宛先不明メールのブロック(2001年11月の記事参照)、「未承諾広告※」メールのフィルタリング(2002年7月の記事参照)など、これまで通信キャリアが取ってきた施策のほとんどが、これに当たる。

 3つ目が、迷惑メール業者が送信時に使うISPのところでブロックする方法。入り口で止める、やり方だ。

 大手ISPの1つ、So-netに、迷惑メール対策とその限界について話を聞いた。

「情報をいただかなくては何もできない」

 「迷惑メール送信はダメ。規約で禁止をうたっている」と話してくれたのは、ソニーコミュニケーションネットワーク業務ディビジョンの和田芳文ゼネラルマネージャーだ。

 実際の迷惑メール対策の流れはこうなる。まず迷惑メールを受け取ったユーザーがISPに連絡する。苦情を受けたISPは送信元ユーザーを調べて対応を取る。和田氏によると、苦情を受けてから「長くても1日」で処理が終わるという。

 「その一方、通信ですので、どんな制限ができるかというと難しいところもある」と和田氏。通信事業者には“通信の秘密”を守る義務があり、怪しいメールが大量に送信されていてもメールの内容を見ることはできない。受信したユーザーがヘッダ情報などを通知して、初めて対応することができる。「情報をいただかなくては何もできません。どの会員さんが(迷惑メールを)出されたか分かりませんので」(和田氏)。

 PCへの迷惑メールではユーザーのリテラシーもある程度あるし、メールのヘッダ情報を見るのも容易だ。ところが、携帯電話宛の迷惑メールの場合、ことは簡単ではない。「携帯向けの場合は、連絡が遅れるケースもある。2−3日遅れの迷惑メールの苦情をいただく場合もある」(和田氏)。

 例えば、ドコモでは希望するユーザーに送料のみでメールのヘッダ情報を提供するサービスを行っているが(2002年9月の記事参照)、これはフロッピーディスクが郵送で送られてくる。とてもではないが、迅速な対応が行えるものではない。

対応策はどんなところに?

 例えば、ドコモがISPに直接ヘッダ情報を提供したり、ISPがドコモにヘッダ情報を請求したりするのはどうだろう? ここにも通信の秘密があり、ユーザーが間に入らないとこうした情報交換は行えない。ドコモはISPに「そちらから迷惑メールがたくさん来るので何とかしてよ」とは言えても、ISPが実際に対応するための情報は提供できないわけだ。

 さらに、ユーザーからの苦情を受けたISPが送信業者を特定して対応しても、送信業者が退会して別のISPに移ってしまえば元の黙阿弥だ。So-netによると、例え“迷惑メール送信を行った”ということで退会させても、ほかのISPへの入会は行えてしまう。クレジットカードのように、利用者の情報を業界内で共同管理する仕組みがないからだ。

 ドコモが行っている、「宛先不明メールの受信ブロック」のように、宛先不明を含む大量のメールアドレスに一斉送信することをブロックするやり方はどうか。和田氏は「一定の基準を持って体制を作っている」と話すが、「量が多ければ迷惑メールかといえば、そうとも言い切れない」とも。

 最大の問題となるのは、“迷惑メールとは何か”の定義づけの部分だ。ある人にとって迷惑なメールでも、人によっては有用なメールになるかもしれない。法律では、受信者に承諾を得ない広告メールには「未承諾広告※」表示が義務付けられているが、現在のいわゆる“迷惑メール”で義務を守っているのはほとんどない。

 メールをチェックすることもできず、もしもチェックができたとしてもISPには判断がつかない。「苦情をもらわないと分からない」(和田氏)のが実情である。

文化も世界も異なる、インターネットとケータイ

 発端を思い起こしてみれば、迷惑メール騒動はインターネットとケータイという異なるプラットフォームが接続されたことによる歪みだとも言えるかもしれない。

 今回の取材で何度も出てきたのが、「インターネットはオープンなもの」という言葉だ。通信の秘密うんぬんよりも、内容を規制することは発展を阻害しかねない、という考え方がISPには浸透している。

 これに対して、キャリアがさまざまな安全を保証することを求められる、ケータイプラットフォームはクローズドな世界だ。迷惑メール対策にしても、基本的には規制で対応しようとする。

 インターネットの世界にいるISPにとっては、メールフィルタなど利便性のあるサービスは提供するが、あくまで自己責任での利用を求める。「(迷惑メールに対しても)啓蒙が最初のスタンス」というSo-netの言葉に、よく表れている。



関連記事
▼ 実は数社〜寡占進む迷惑メール送信業者
迷惑メールの送り元は、実は数社で過半数を占める。ドコモのヘッダ提供サービスを利用して、広告主のサイトと迷惑メール送信元を照らし合わせたところ、意外な事実が浮かび上がってきた

▼ 動き出した総務省〜迷惑メール撲滅はなるか
迷惑メール防止法が制定され、通信キャリアもさまざまな対策をしてきた。にも関わらず、迷惑メールが減っているという実感には乏しい。理由の1つは、違法業者に対して出されるはずの行政処分が行われず、法が有効に機能していなかったためと言われてきた……

▼ ドコモ、iモードメールのヘッダ情報を提供へ
ドコモは迷惑メール送信の抑止効果を狙い、希望するユーザーに、メールのヘッダ情報の提供を行う。10月1日から

▼ 迷惑メールは法律で取り締まれるのか
ドコモの資料によれば、1日平均9.5億通のメールのうち、ユーザーに届くメールは約1.5億通。存在しないあて先へのメールは約8億通に上るという。総務省と経済産業省の担当者がMCF、JAIPA共催のセミナーに登場、7月1日に施行された迷惑メール対策法について語った

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!