Mobile:NEWS 2003年4月22日 04:34 AM 更新

auの「A1302SA」徹底攻略(1/3)

一見地味な三洋電機製の「A1302SA」。しかし、この端末、実は“便利機能”の宝庫だ。電話が鳴ったら開ければ取れる、閉じれば切れる──。カレンダーには祝日がしっかり表示される──。自宅にいるときは自動的にマナーモード解除──。A1302SAのソフトをチェックしていこう

 三洋電機製の「A1302SA」は、地味ながら各種機能をうまくまとめ、使い勝手の良さをウリとした端末だ。必要な機能を盛り込みながら、低価格に抑えた点も評価できる(3月21日の記事参照)。カタログを見ただけでは分からない、A1302SAの良さを紹介していこう。

 基本的な機能のポイントは以下の通りだ。

  • ムービーメール対応
  • 高輝度な26万色TFT液晶搭載
  • 「着うた」対応
  • 高輝度LEDを使った撮影補助ライト

 逆に、機能面での注意点は以下のようになる。

  • BREW、ezplusなどアプリ非対応
  • GPS非対応
  • ムービーメール対応ながらezmovie再生不可


必要な機能にワンタッチで到達

 A1302SAのボディはコンパクトで手に馴染むサイズ。スペック表の数字だけ見ると、そうでもないが、各部の角が落としてあり先端も絞ってあるため、握ったときのフォールド感がとてもいい。縦が詰まったデザインのため、一見、GSM端末のようだ。

 使い始めて、まず感心するのはダイヤルボタンのレイアウトだ。独立したクリアキーを備えない、今となっては独特な配置である。

 これが、実際に触ると使いやすい。例えば、十字キーの前後左右にはボタンがない。そのため、「上を押そうと思って間違ってメニューを押してしまう」(A5304Tではよくやる)、「下を押そうとしてクリアボタンを押してしまう」(N504iSではよくやる)といったことがない。発話/終話キーも、ほかのキーより外側に配置されており、手探りでも押しやすい。無理に厚みを抑えていない分、ストロークもクリック感も良好だ。

 深い階層をたどっていかなくても、よく使う機能にアクセスしやすいのも特徴。多くの端末がこれを目指しているが、A1302SAはワンランク上の練られ方だ。

キー短押し長押し
上キー着信履歴受信メール履歴
下キー発信履歴送信メール履歴
右キースケジュールスケジュール/タスクリストメニュー
左キーアドレス帳アドレス新規登録
左上ソフトキーカメラ起動ムービー起動
右上ソフトキーデータフォルダライト点灯
左下ソフトキーマナーモード設定マナーモードオン
右下ソフトキージャンプメニュー「with Pooh!」設定
メールボタンEメールメニューCメールメニュー
ezボタンezwebメニュー設定サイトに接続
側面ボタンメモメニュー簡易留守録メモ
決定ボタンメニュー表示サイドキーロック
NECのドコモ向け端末にも備えられているが、待ち受け画面から表示できる送受信メールの履歴は便利。待ち受け画面から、簡単にカレンダー(スケジュール)が表示できたり、メモ(ボイスデータ、メモ帳、ダイヤルメモ)にアクセスできるのも、PIM機能を活用する上でありがたい
なお、着信履歴、発信履歴の画面で電話番号を選択してメールボタンを押すと、アドレス帳を参照して、電話番号のユーザーにメールを出すことができる。ソニー・エリクソン製端末の「EVリンク」に近い機能だ

 閉じた状態では、サイドボタンの長押しでライトが点灯。懐中電灯代わりに利用できる(2月19日の記事参照)。A1302SAには高輝度白色LEDが4つ、6色から選べるLEDが1つ搭載されている。白色LEDはかなりの輝度だ。ちなみに、「Jump」キーの1番にポケットライトを登録すれば、Jumpキーの長押しでライトを点灯させられ、手を離しても1分間、光り続ける。



アドレス帳は、あいうえお順に並ぶタイプ。ただし数字キーを押しても、ジャンプはしない。ヨミガナなどでの検索も行える

アドレス入力に少々難〜メール作成

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 1/3 | 次のページ



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!