Mobile:NEWS 2003年7月11日 09:32 PM 更新

ネットコンテンツ、日常利用はユーザーの25%

毎日のように携帯電話からインターネット上のコンテンツを利用するユーザーは、4人に1人。全く利用しないユーザーも3割程度いる。

 インフォプラントのC-NEWS調査で、携帯電話やPHSでネットコンテンツを日常的に利用しているのは全体の4分の1程度であることが分かった。

 調査によると、ネットコンテンツ利用頻度は「1日1回未満」「利用しない」が合わせて全体の74.4%。特に、専業主婦では「利用しない」だけで41.7%に上る。反対に、年齢が下がるにつれて利用が増え、学生では「利用しない」のは20%だった。

1回未満1、2回3、4回5、6回7〜9回10回以上利用しない
全体45%17%5.5%1.8%0.3%1.0%29.4%
学生48%18%9%2.7%1%1.3%20%
20代有職44%23.3%5.3%1.3%0%2%24%
30代有職43%15.7%6%3%0%0.3%32%
専業主婦45%11%1.7%0.3%0%0.3%41.7%
携帯電話・PHSで1日にインターネットのコンテンツを利用する頻度

 利用するコンテンツは「着信メロディ」が圧倒的で、全体で58.6%。「天気予報」が30.9%で2位、「乗り換え案内」が28.7%でそれに続いた。

 学生については、「着信メロディ」の利用が67.8%と全体よりも多く、2位は「待受画面」で36.4%、3位は「ゲーム」で31.4%だった。また、30代有職者男性においては、「ニュース」が32.7%と高かった。

 今回の調査は6月5日から7日の3日間、全国の15〜39歳のインターネットユーザーを対象に行われた。パネルに対するクローズド調査で有効回答人数は1200人。

 ネットコンテンツの利用頻度のほかに、「携帯・PHSの機能のうち、よく利用するもの」「電話をかける回数」「電話をかけるときの1回あたりの通話時間」「誰に電話をかけることが多いか」「電話をかける時間の長さ」「メールを作成・送信する時間の長さ」「1日に送信するメールの件数」などを調査している。



関連記事
▼ こんなに使われている携帯電話のPIM機能
携帯のスケジューラ、メモ帳、電卓などのアクセサリー機能は、実はかなり利用されている。にも関わらず、機能は5年前のPDAにも劣る場合が多い。基本的な機能強化と共に、アクセス性の向上が求められている。

▼ iアプリはゲーム利用が中心、69%
「504i」で新たな利用シーンを開拓しようとしているiアプリだが、現在のところ、その利用のほとんどはゲームだった。調査の結果、ユーザーは料金に高い不満を持っていることも分かった。


関連リンク
▼ C-NEWS
▼ インフォプラント

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!