Mobile:NEWS 2003年7月15日 04:27 PM 更新

「N505i」に「SH-Mobile」が搭載

ドコモの「N505i」には、ルネサステクノロジの「SH-Mobile」がアプリケーションプロセッサとして搭載されている。マルチメディア関係の処理を中心に、大幅な高速化が図られる。

 日立製作所と三菱電機の半導体合弁会社、ルネサステクノロジは7月15日、NTTドコモ向けNEC製端末「N505i」に、アプリケーションプロセッサ「SH-Mobile」が搭載されていることを発表した。

 ルネサステクノロジによると、このSH-Mobileはカスタム品で詳細なスペックは明かされていない。各種マルチメディア処理に使われるほか、Webブラウザなどの動作にも利用されているという。

 SH-Mobileは、日立製作所が開発した携帯電話向けアプリケーションプロセッサ(2002年6月の記事参照)。SH-3コアとDSPをベースに動作する。さまざまな種類のベースバンドチップと接続が可能なMFI(Multi Function I/F)を備えることで、従来のソフト資産を生かしながら、アプリプロセッサが搭載できるのが特徴。

 これまでSH-Mobileは、日立製作所製の「A5303H」(2002年11月の記事参照)、京セラの「A5305K」(4月22日の記事参照)、日本無線(JRC)のPHS「AH-J3001V/J3002V」(2月27日の記事参照)に搭載されたことが発表されているほか、未発表の搭載機もある。また海外向け端末でも搭載例がある。

 同社では、月産100万個の規模でSH-Mobileの生産を行っているという。



関連記事
▼ 「月産100万個」〜携帯CPUのデファクト目指す日立のSH-Mobile
第3世代を待たずして、携帯に独立したCPUが搭載されるのは時間の問題になってきた。日立のアプリケーションプロセッサ「SH-Mobile」を搭載した携帯電話は既に登場済み。来年には数割の端末がSH-Mobileを搭載してくるだろうと、日立は自信を見せる。Javaの高速化、美しい3D、そして動画再生と携帯の機能は一段と進化を遂げる

▼ ステレオスピーカー搭載の「N505i」
NEC製の「N505i」は、2.4インチの大型TFT液晶を搭載、32万画素CMOSカメラにステレオスピーカーが採用された

▼ 特集:ドコモの「505i」 NEC
NTTドコモが2003年春に発売する「505iシリーズ」は、さまざまな機能が盛り込まれたハイエンド端末だ。6機種すべてにQVGA液晶を標準搭載するほか、メガピクセルカメラを内蔵した端末も複数ラインアップされる


関連リンク
▼ ルネサステクノロジ

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!