Mobile:NEWS 2003年7月17日 01:02 AM 更新

アプリケーションも進化〜クラムシェルCLIEのソフト


 「PEG-UX50」の電源を入れると、今までのCLIEで見たことがないランチャー「CLIE 3D Launcher」が表示される。カテゴリーごとの表示にも対応、使い勝手は申し分ない。

 横型での利用がメインになるため、多くの内蔵ソフトが横型表示に変更されている。横長表示に未対応のソフトでは、グラフィティエリアが右脇に表示される仕組みだ。液晶ディスプレイを裏返す「ターンスタイル」では、キーボードの代わりにグラフィティ入力や手書き入力ができる。


「CLIE 3D Launcher」の画面。アイコンが立体描写され、上下にグルグルと回転する。CLIEユーザー向けのポータルサイト「CLIE Style」へアクセスするためのアイコンも新たに追加された


マルチドキュメントビューワ「Picsel Viewer for CLIE」の画面。WordやExcel、PowerPoint、PDFのファイルが閲覧できる。わずらわしい変換作業は必要としない。パソコンと同じ横表示となり、画面が見やすくなった


[環境設定]-[ネットワーク]から、ワイヤレスLANのアクセスポイントが選択できる。右端のアイコンによって、アクセスポイントの電波状況が4段階(電波なしを含む)で確認できる


動作再生ソフト「Movie Player」の画面。毎秒30フレームの動画再生はとてもスムーズ。CLIEの動画再生スピードにデジカメが追いつけないため、画面がぼやけてしまった


「3D City Guide」の画面。主にワイヤフレームだが、3次元の都市が探索できる


Bluetooth機能を使用した一例。デジタルカメラ「サイバーショット(DSC-FX77)」があれば、CLIEの画面で被写体を確認しながらカメラのシャッターが切れる


サイバーショットの遠隔操作には、リモートカメラソフト「Remote Camera」を使用する。「動作感知撮影」をONにすると、サイバーショットの前で何かが動いた場合に、シャッターが自動的に切れる

関連記事
▼ PHSを捨てて無線LANを選んだNEW CLIEの判断は?
▼ 写真で見る、クラムシェルCLIE「PEG-UX50」
▼ 横長液晶の新CLIEが登場 独自の新CPUを搭載
▼ 「ソニーショック」への回答は「商品力」と「第2次構造改革」

関連リンク
▼ ソニー

[関口哲司, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!