Mobile:NEWS 2003年9月17日 04:05 PM 更新

土日祝日の通話料が1分5円に〜ボーダフォンハッピータイム

J-フォン同士ならば、土日祝日の通話料が自動的に1分5円になる「ボーダフォンハッピータイム」が始まる。2年契約を条件に、基本使用料を15%割り引くオプションも提供する。

 J-フォンは10月4日から、土日祝日のJ-フォン同士の通話が1分5円になる「ボーダフォンハッピータイム」を導入すると発表した。すべてのJ-フォンユーザーに自動的に適用される。通常の通話のほかテレビ電話も対象。  「通常のプランに比べて、少なくとも2分の1、最大で8分の1の通話料」(J-フォン)

 合わせて10月1日から、ヘビーユーザー向けの「バリューパックプレミア」、エコノミーユーザー向けの「ビジネスエコノミーパック」の2種類の料金プランを追加する。バリューパックプレミアは基本使用料が2万円で1万7000円の無料通話が付く。ビジネスエコノミーパックは基本使用料が5900円で2700円の無料通話。

 さらに、2年間契約することを条件に基本使用料を15%割り引く「ボーダフォンハッピーボーナス」も開始する。割引のほかに14カ月目、15カ月目の基本使用料が無料、16カ月目以降も10カ月ごとに基本使用料が2カ月分無料となる。

3GサービスVGS、パケット料金割引も検討

 10月1日のブランド移行に向けて、数々の新料金施策を打ち出したJ-フォン。3GサービスであるVodafone Global Standard(VGS)のデータサービス本格提供も間近に控え、テレビ電話および64Kデータ通信の通信料も、これまで音声通話の1.8倍だったものを音声通話料と同額に値下げする。

 さらに1パケット当たり2.5Gで0.3円、VGSで0.2円と割高感のあるパケット通信料金についても、「割引サービスの導入に向けて検討を進めている」としている。



関連記事
▼ J-フォン、CF型VGS端末を参考展示
J-フォンは、最大386Kbpsのパケット通信が可能なコンパクトフラッシュTypeII型のVGSデータ通信カードをWPC EXPOで参考出展した。

▼ Vodafoneへの道〜J-フォンロードマップ
J-フォンがメールやWebも利用できる3Gサービスを、ついに開始する。ブランドやサービス名もボーダフォンに変更し、名実共にボーダフォン体制での3G展開となる。これまでのVodafoneのあらましと、J-フォンのボーダフォン化への道程をまとめた。

▼ 海外から写メール〜J-フォン、3G新サービスを10月開始
J-フォンは第3世代携帯電話向けのボーダフォンライブ!を10月上旬から提供する。最大40秒のムービー写メールやWAP2.0にも対応したWebアクセスが可能。データの国際ローミングにも対応し、海外から写メールすることもできる


関連リンク
▼ J-フォン プレスリリース
▼ J-フォン

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!