Mobile:NEWS 2003年10月8日 04:17 PM 更新

三洋、1Mbpsの高度化PHSを実演デモ

ステップ1で256Kbps、ステップ2では1Mbpsの速度を持った、次世代の高度化PHSを、CEATECの三洋ブースで見ることができる。

 三洋電機はCEATEC JAPAN 2003で、高度化PHSの実現デモを行っている。256Kbpsを実現するステップ1と、1Mbpsを実現するステップ2の両方の基地局・端末を展示し、実際にデータを送信して見せた。


 下り最大256Kbpsを実現するステップ1は、現状のQPSK変調を16QAMに変更することで、1スロットあたりの速度を倍増させるもの。4スロットを束ねて使うことで、256Kbpsの速度を出す。4スロットを束ねて使うサービスは、既にDDIポケットがAirH"128Kとして提供している。

 全く同様のやり方で、DDIポケットも7月に256Kbpsの高速PHSを技術展示しているが(7月16日の記事参照)、三洋によるとDDIポケットとの展示との関係はないという。

総務省案に沿ったステップ2

 下り1Mbpsのステップ2は、1スロットあたり300KHzの周波数帯域幅を3倍の900KHzに拡張することで実現する。これは、総務省が次世代PHSとして発表した案に沿ったものだという(2001年7月の記事参照)。


左のアンテナ1本の箱が端末、右のアンテナ2本の箱が基地局となる

 ステップ1、ステップ2共に基地局の置き換えと端末の変更が必要であり、すぐに製品として出荷できるものではない。三洋は、あくまで技術展示だとしている。



関連記事
▼ PHSで1Mbpsの真実──総務省の示した次世代PHSの姿
総務省はIMT-2000時代における次世代PHSに関する答申を発表した。その内容はIMT-2000との干渉を考慮しつつ、最大1Mbpsという高速なデータ通信を実現するという革新的なものだが……。

▼ DDIポケット、256Kbpsの高速化PHSを参考展示
約2年ぶりの展示会出展となるDDIポケットは、高速PHSの技術展示を行っている。リンク数は変えず、変調方式の変更で高速化を実現する。

▼ DDIポケットが1MbpsのPHSを実現させるのに必要なものは?
東京ビッグサイトで開催されているWireless Conference 2001にはDDIポケットの平澤弘樹取締役が登場、講演の中で1MbpsPHS実現の可能性について触れた。

▼ 特集:CEATEC JAPAN 2003
アジア最大級となる映像、情報、通信の複合展示会「CEATEC JAPAN 2003」が10月7日、幕張メッセで開幕した。今年は、国内外の667社/団体が出展。IT/電子分野における最先端技術、製品の展示が行われている。


関連リンク
▼ 三洋電機

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!