Mobile:NEWS 2003年12月1日 04:28 PM 更新

バーチャルよりリアルの利用が多い〜KDDI、Kei-Creditの結果発表

KDDIの、携帯を使ったクレジット決裁サービス「Kei-Credit」のトライアル結果がまとまった。オンラインショッピングなどのバーチャル決済よりも、リアル店舗での利用のほうが、頻度、金額共に大きかった。KDDIは2004年度中に実用化を目指す。

 KDDIは12月1日、携帯電話を使ったクレジット決済サービス「Kei-Credit」のトライアル結果を発表した。新開発の多目的UIMカードにクレジットカード情報を搭載、Web上でのバーチャルショッピングが行えるほか、赤外線通信を使ってリアル店舗でも決済が行える。

 約5カ月間のトライアル期間中、約2300人によるトータルの利用実績は約1900回、900万円。利用は大きくバーチャルとリアルに分かれるが、決済回数、金額ともにリアルがバーチャルを上回る結果となった。


利用頻度。「リアルのほうが繰り返し利用する率が高く、継続利用につながっている」(KDDI)

 購入された商品のジャンルは、バーチャルがCD・ビデオ・DVD、書籍・雑誌、食料品・酒・飲料で8割を占めた。リアル店舗では、衣料品やレストラン、飲食を中心に幅広いジャンルでの利用があった。


 利用者からは、「携帯であれば思いついたときにすぐに利用できてよい」「通常のプラスティックカードよりもカジュアルな形で使える」といったコメントがあった。

 KDDIでは2004年度中の商用化を目指して開発を進めている。



関連記事
▼ KDDI「Kei-Credit」トライアルの一般受付を開始
クレジットカード情報を記録したUIMカードを端末に挿して、携帯をクレジットカード代わりに利用できる「Kei-Credit」の一般トライアルが、来年3月に開始される。モニターの応募受付が開始された

▼ KDDI、Kei-Creditを実機でデモ〜WPC EXPO
WPC EXPOのKDDIブースでは、“携帯をクレジットカード代わりにする”Kei-Creditのデモを見ることができる。UIMカードを挿した日立製端末が使われていた

▼ KDDI、携帯を利用したクレジット決済「Kei-Credit」の試験開始
「携帯内にクレジットカード番号などを記録し、ネットや実店舗で簡単にクレジット決済を利用」──KDDIが予定しているテストの名称と概要が明らかにされた


関連リンク
▼ KDDI ニュースリリース

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!