Special
» 2021年07月09日 10時00分 公開

ソニーの技術が結集! 「Xperia 1 III」は映像、カメラ、音楽、ゲームを存分に楽しめるマシンだ(1/3 ページ)

ソニーの2021年フラグシップスマートフォン「Xperia 1 III」が発売された。4Kディスプレイや可変式望遠レンズを搭載したカメラ、立体音響対応のオーディオ機能、プロeスポーツチーム監修のゲーミング機能などを備え、ソニーが培ってきた技術が結集している。その実力を徹底検証した。

[PR/ITmedia]
PR

 ソニーの2021年フラグシップスマートフォン「Xperia 1 III」がいよいよ発売された。ソニーが培ってきた技術を結集させ、4Kディスプレイや可変式望遠レンズを搭載したカメラ、立体音響対応のオーディオ機能、プロeスポーツチーム監修のゲーミング機能などを備えている。大きく進化した性能を見ていこう。

Xperia 1 IIIXperia 1 III ソニーの2021年フラグシップモデル「Xperia 1 III」

指紋が目立ちにくく、高級感あふれるボディー

 まずは外観だが、薄さ8.2mmのボディー背面をフロスト加工が施された高強度のガラスパネル「Corning Gorilla Glass 6」が覆う。質感は滑らかで、周囲の光が当たる角度によって表情が変わる。高級感があふれるだけでなく、指紋が目立ちにくくなっている。

Xperia 1 III ボディーは薄さ8.2mmとスリムだ。背面は滑らかな質感のガラスパネルが覆う

 前面の有機ELディスプレイは、より傷つきにくく割れにくいCorning Gorilla Glass Victusが覆う。大画面ながらも幅71mmとスリムな形状と、シャープな見た目の割に握りやすく滑らかなメタルフレームにより、持ち心地がよく操作しやすい。側面の電源キーには指紋認証センサーを内蔵している。

 この、ハイエンドながらも188gと軽量かつスリムなボディーに、長時間駆動の大容量4500mAhバッテリーを搭載。IPX5/8の防水とIP6Xの防塵にも対応する。

 充電端子にはUSB Type-Cを採用し、急速充電(USB PD)では最短30分で約50%まで充電できる。最大15Wのワイヤレス充電や、本体からQi規格の機器を充電できる「おすそわけ充電」にも対応する。また、充電時の負荷を軽減する「いたわり充電」とXperia独自の「充電最適化技術」により、3年使ってもバッテリーが劣化しにくい設計も見逃せない。

Xperia 1 III ワイヤレス充電と、Qi対応機器を充電できるおすそわけ充電に対応。「WF1000-XM4」などQi充電対応のBluetoothイヤフォンやスマートフォンに電源を供給できる

普段使いも動画視聴も快適 120Hz駆動の4K HDR有機EL

 6.5型の4K HDR有機ELディスプレイがより性能を発揮するのは、動画配信サービスを楽しむときだ。高画質の映画配信に対応したサービスを、BT.2020の色域と10bit入力に対応した「クリエイターモード」で視聴すると、映画制作者が意図した映像表現をより忠実に再現できる。世界中の映画制作者が基準とするソニー製マスターモニターのノウハウをもとに開発され、出荷時に1台1台キャリブレーションして出荷するからこその品質だ。

Xperia 1 III 6.5型の4K HDR有機ELディスプレイを搭載。21:9のアスペクト比で横長の映画も全画面で快適に視聴できる

 特に、近年の4K HDRを意識して制作されたシネスコサイズの映像の場合、比率21:9の画面全体に表示が可能。まばゆい光が射し込むシーンの立体感や、光の中で舞う鮮やかな色彩の衣装、繊細な質感表現に驚かされる。音声表現もDolby Atmos対応や音圧が向上したステレオスピーカーにより、聞きやすく立体感のある音声を楽しめた。スマートフォンのサイズながらも、最新のシアター環境と呼べるだけの視聴環境を実現できている。

 また動画視聴で見逃せないのは、Xperia 1 IIIが5Gの中でも高速なSub-6帯とミリ波帯の両方に対応したハイエンドモデルという点だ。例えば、長時間の移動時に落ちついて映画を見たい場合、5GのSub-6帯やミリ波帯のエリアなら光回線並みの速度で、映画配信サービスのダウンロード視聴のデータを保存できる。

 もちろん、普段のSNSや情報収集にもXperia 1 IIIは最適だ。縦長21:9の画面は一度に多くの情報を表示可能。120Hz表示対応によりブラウジングやSNS、マップアプリの画面を滑らかなスクロールで操作可能だ。画面に2つのアプリを表示するマルチウィンドウも使いやすい。

Xperia 1 III 縦長のディスプレイは多くの情報を一覧しやすい。120Hz表示でスクロールも滑らかだ

4つの焦点距離と高速オートフォーカスで被写体を逃さない

 Xperiaのカメラといえば、ソニー製デジタル一眼カメラ「α」の技術とZEISS(ツァイス)レンズの描写力が魅力だ。本機では、カメラの画質と焦点距離ともに大幅に強化された。

 超広角16mm、広角24mm、望遠は光学2.9倍の70mm、光学4.4倍の105mmの2つを切り替えられる可変式望遠レンズを搭載し、4つの焦点距離※で撮影できる。さらに、被写体までの距離を測定する3D iToFセンサーも搭載する。

※焦点距離は35mm判換算

Xperia 1 III 上から順に超広角16mm、広角24mm、3D iToFセンサー、70mm/105mmの可変式望遠レンズを搭載。アウトカメラは全てZEISSレンズとソニー製センサーを搭載する
Xperia 1 III 広角24mmで撮影。人物も背景も鮮やかに描写できている(Xperia 1 IIIで撮影)
Xperia 1 III 超広角16mmで撮影。ダイナミックな風景を記録できる(Xperia 1 IIIで撮影)
Xperia 1 III 望遠70mmで撮影。背景をぼかしたポートレート撮影もこなせる。瞳AFにより、被写体が動いても、瞳に正確にピントを合わせ続けるので、シャッターチャンスを逃しにくい(Xperia 1 IIIで撮影)
Xperia 1 III
Xperia 1 III 同じ場所から超広角16mm(上)と、望遠105mm(下)で撮影。肉眼では細部が見えない遠くの被写体まで寄って撮影できる(Xperia 1 IIIで撮影)
Xperia 1 III 夜景など暗いシーンを大型センサーの広角24mmで撮影。シャッターを押すだけで明るく撮れる(Xperia 1 IIIで撮影)

 これら4つの焦点距離が、デュアルフォトダイオードによる位相差AFに対応した1220万画素センサーを採用。これにより、4つの焦点距離で動く被写体を追い続けるコンティニュアスAFと、人物や動物の撮影時は瞳にフォーカスを合わせ続ける瞳AFを利用できる。素早く動く被写体はもちろん、遠くで動き続ける人物にもフォーカスを合わせたまま追い続ける。顔が大きく写っている場合は瞳に、顔が小さく写っている場合は被写体全体にフォーカスを合わせ続けるので、被写体のどの範囲が写っていても鮮明に撮影できる。

人物が動いてカメラから顔を背けても、正面に戻った際に、すぐさま瞳や被写体を検出して追従し直してくれる

 また、スポーツやアクロバティックなシーンの撮影時も、最高60回/秒のAF/AE演算で撮影環境の変化に対応しつつ、最高20コマ/秒の高速連写が可能だ。動き回る被写体から人の肉眼では捉えにくいような動きまで、高速連写を使えば無理にシャッターチャンスを狙わずともベストショットを撮れる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ソニーマーケティング株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2021年7月15日

関連リンク