プロフェッショナル モバイル 過去記事一覧
検索
まとめ

「iPhone 12/12 mini/12 Pro/12 Pro Max」は何が違う? 4機種のスペックを比較 (1/2)

新型iPhoneとして「iPhone 12」シリーズが発表された。ラインアップは4機種あり、一見すると違いが分かりにくい。iPhone 12シリーズ共通の特徴、12と12 Proの違い、12 Proと12 Pro Maxの違いを確認した。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 2020年の新型iPhoneとして発表されたのは、「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」の4機種。何が同じで何が違うのか、スペックから分かる範囲を整理した。

iPhone 12
発表されたiPhone 12シリーズ4機種

iPhone 12シリーズ共通の特徴

 まず、4機種共通の主な機能は以下のようになる。

  • iOS 14をプリインストール
  • より高速になったNeural Engineを搭載したA14 Bionicチップを搭載
  • ディスプレイは全てSuper Retina XDRディスプレイ(有機EL)でコントラスト比も同じ(200万対1)
  • 全てFace IDを採用、Touch IDには非対応
  • 5GはSub-6GHzに対応(日本向けモデルはミリ波をサポートしない)
  • 磁力で付くMagSafeアクセサリーとQi準拠のワイヤレス充電をサポート
  • デュアルSIMでeSIMをサポート
  • Apple Payや防水(IP68)をサポート
  • 外部接続端子はLightningのまま

 12と12 miniは、サイズと重量、画面サイズの違いからくる解像度や連続使用時間の違いを除けば、機能的には全て同じだ。価格はminiの方が12よりも1万円ほど安く、iPhone 12 miniの64GBが7万4800円(税別、以下同)で新型iPhoneの中で最も安い。一方、iPhone 11 ProとPro Maxはサイズが異なる程度で機能的に同等だったのに対し、今回のProとPro Maxは主にカメラ機能が大きく異なっている。

iPhone 12
iPhone 12とiPhone 12 miniはサイズ以外に大きな違いはない

iPhone 12とiPhone 12 Proの違い

 次に、画面サイズ、本体サイズが同じ12とProの主な違いを見ていこう。

  • 本体サイズは同じだが、重量はProの方が20g以上重い
  • 画面サイズはともに6.1型だが、最大輝度はProの方が高い
  • 12はデュアルカメラ(超広角+広角)、Proはトリプルカメラ(超広角+広角+望遠)。画素数は全て1200万で統一
  • ProはLiDARスキャナーを搭載し、それを活用してナイトモードでもポートレートモードを利用できる
  • ProはApple ProRAW形式での撮影に対応
  • カラーは12がブルー、グリーン、(PRODUCT)RED、ホワイト、ブラックの5色、Proはパシフィックブルー、ゴールド、グラファイト、シルバーの4色
  • ストレージ64GBを選べるのは12(12 miniも)、512GBを選べるのはPro(Pro Maxも)
iPhone 12
iPhone 12とiPhone 12 Pro

iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxの違い

 ハイエンド系、12 Proと12 Pro Maxの違いは以下の通りだ。

  • Pro Maxの方がディスプレイが大きく(Proが6.1型、Pro Maxが6.7型)、重量も39g重い
  • 連続使用時間はPro Maxの方が長い
  • 広角カメラのセンサーや画素はPro Maxの方が大きい(従来よりもセンサーサイズが47%大きくなり、1.7㎛に。Proは1.4㎛)
  • Pro Maxはカメラの光学式手ブレ補正がセンサーシフト式(センサーだけを動かして安定させる仕組み)
  • Pro Maxの光学ズームは2.5倍(Proは2倍)、デジタルズームは最大12倍(Proは最大10倍)
  • 価格はPro Maxの方が高い(Proが10万6800円から、Pro Maxが11万7800円から)
iPhone 12
iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxは、サイズ以外にカメラの違いもある
       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったらITmedia Mobileに「いいね!」しよう
ページトップに戻る