News:ニュース速報 2003年3月3日 03:21 PM 更新

ソニー、世界初のBlu-rayレコーダを4月発売

ソニーは、次世代大容量光ディスク「Blu-ray Disc」を記録媒体とする世界初のレコーダ「BDZ-S77」を4月10日に発売すると発表した。BSデジタルチューナーを内蔵し、ハイビジョン画像を約2時間記録できる

 ソニーは3月3日、次世代大容量光ディスク「Blu-ray Disc」を記録媒体とする世界初のレコーダ「BDZ-S77」を4月10日に発売すると発表した。BSデジタルチューナーを内蔵し、ハイビジョン画像を約2時間記録できる。45万円。


 Blu-ray Discに対応したレコーダの第1弾となる。DVDの約5倍となる23Gバイトのディスクを使用することで、BSデジタルハイビジョン放送を約2時間記録可能。映像の記録にはMPEG-2 TS(トランスポートストリーム)を採用。BSデジタルの5.1ch MPEG-2 AACをそのまま記録でき、デコーダ内蔵アンプに接続すればサラウンド再生を楽しめる。

 アナログ地上波放送もMPEG-2 TSに変換して記録する。録画モードは3モードを用意。最高モードの「HR」時でビットレートは15Mbpsまで対応し、約3時間の記録が可能だとしている。「SR」モード時は約6時間、「LR」モード時は約12時間分を録画できる。

 記録はBlu-ray Discのみ。再生はBlu-ray Discのほか、DVD-Video、DVD-R/RW、音楽用CD、CD-R/RW(CD-DA)をサポート。DVDなどのプログレッシブ再生に対応した。

 著作権保護機構を備え、1回だけの録画が許可されたコピーワンスコンテンツにも対応している。ディスクカートリッジには5けたのID「ディスクマネジメントID」が付加されており、レコーダは最大100枚まで自動的に記憶してくれるため、コンテンツライブラリの管理が容易に行える。

 ドライブ部のピックアップには新開発の2群対物レンズを採用。ドライブユニットはオイルダンパーとスプリングによる4点懸架で衝撃から守るフローティング機構を備えている。新開発LSIによるハイビジョン用デジタルノイズリダクションにより、フレーム間ノイズとブロックノイズを軽減する。プログレッシブ再生時用のIP変換用LSIも搭載し、DVDからアナログ外部入力まで、さまざまなソースで高画質なプログレッシブ映像が楽しめるとしている。

 サイズは430(幅)×135(高さ)×398(奥行き)ミリ、重さ約14キロ。


 同時に録画用Blu-ray Disc「BF23G」を発売する。カートリッジ式の片面1層23Gバイトで記録時間はSRモード時で360分。価格は3500円。



関連記事
▼ 次世代大容量光ディスク規格「Blu-ray Disc」――その中身は?
ソニーや松下電器産業、蘭Philipsなど国内外の大手エレクトロニクスメーカー9社が、青紫色レーザーを使った次世代大容量光ディスク規格「Blu-ray Disc」を発表した。RAM方式が先行発表されたのが特徴。ただ、発表メンバーの中にはDVD Forumの有力メンバーである東芝の姿がないなど、今後の展開には紆余曲折も予想される。

▼ Blu-ray Discレコーダは何ができるのか
Blu-ray Discは、その規格面はともかく、具体的に何が実現できるのか、DVDと比較してどのように変わるのかといったことは意外と語られてこなかった。そこで今回は松下電器の開発責任者に、その機能や今後の展開について話をうかがった

▼ 松下電器が考えるBlu-ray Discレコーダ像は?
松下電器はBlu-ray Discレコーダの製品像やポジショニング、互換性などについて、どのように考えているのだろうか


関連リンク
▼ ニュースリリース
▼ Blu-ray Disc

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -