News 2002年11月20日 01:45 PM 更新

松下電器が考えるBlu-ray Discレコーダ像は?

松下電器はBlu-ray Discレコーダの製品像やポジショニング、互換性などについて、どのように考えているのだろうか

 順調なら来年には、発売が開始されるBlu-ray Discレコーダ。松下電器産業は、いったいどういったBlu-ray Discレコーダ像を描いているのだろうか。

 「はっきりしているのは、Blu-ray Discレコーダは、われわれがこれから力を入れていくDVDレコーダという商品群の中で最上位機種、つまり、フラッグシップ商品ということです。当然、DVD-RAMに対しては完全互換を取っていきます。DVD-RAMは将来のBlu-rayまでちゃんとつながっていきます」(メディア制御システム開発センター所長 田中伸一氏)。

 つまり、同社の発売するBlu-ray Discレコーダは、現在急速に普及してきているDVD-RAM/Rレコーダとの“完全互換”を保証するというわけだ。「今、DVD-RAM/Rレコーダを買われた方も後悔することはありません。Blu-rayのレコーダが出てきたら、それはリビングに置いて、それまでリビングにあったDVD-RAMレコーダは部屋にもっていったらいいんですよ」(同氏)。

 同氏によれば、DVD-RAMの完全互換とは、読み出しができるというレベルのものではない。「DVD-RAMは、読み出しだけでなく書き込みを行うことができます。DVD-RAMが書き込めるわけですから、当然、DVD-Rも書き込めるということになるでしょう」(田中氏)。

 ただし、CDのサポートについては未定。「CDのサポートについては、サポートするものもあれば、しないものもあるのではないかと思います。理屈の上では可能ですが、3波長は難しい。方向としては、DVDと次のBlu-rayの互換というのが最終的な落ち着き先ではないかと思っています。ただ、市場でのお客様の動向はわかりません。ニーズが高ければ対応しないといけないかもしれません」(同氏)。

 同社は2層記録の開発を積極的に進めているメーカーとしても有名だ。秋に開催された「CEATEC JAPAN 2002」でも、2層記録に対応した試作機のデモを行っていた。となれば、同社の発売する製品は最初から2層記録に対応する可能性もありそうだ。この点について田中氏に尋ねたところ、同氏の回答は、採用するかどうかは未定としながらも「われわれは(2層記録に)非常に大きな比重を置いています」というものだった。

 一方、HDDの搭載については、「最初の製品はどうなるかわかりません。しかし、将来的には当然HDDの搭載も考えていくことになるでしょう。そういう意味では、今のDVDレコーダの進化の姿と同じです」というのが同氏の答え。

 ユーザーにとって気になるのは価格だが、田中氏は、同社が発売するBlu-ray Discレコーダの価格を「最初は高くなってしまいますが、べらぼうに高くすると常識を疑われます。そのあたりは、常識的な価格だと思います」と説明する。

 同氏によれば、Blu-rayとDVDレコーダの家庭での住み分けは、次のような形になるという。「Blu-rayというのは最上位機種ですから、当然値段も高くなります。一方で、DVD-RAMレコーダは本当に普及価格帯になってきました。このため、将来的にBlu-rayが家庭に入ってきたとしても、一家に何台も入ることはないでしょう。おそらく一家に1台だと思います。そして、各部屋には、DVDレコーダがありますよという姿にしばらくはなってくるのでは。10年、20年先はわかりませんが、すくなくとも近未来はそういう姿が妥当だ思います」。

 なお、同社のBlu-ray Discレコーダに採用されるレーザーについて田中氏は、(SHGのレーザーの)量産はまだ行っていないと前置きした上で、次のように答えてくれた。「ガリウムナイトライド(GaN系)のレーザーも進歩してきているので、その量産動向を見ながら最終的な判断をしたい。SHGレーザーでも、2層記録に必要なレーザーの出力は得られるということは、実験室段階では確認できました。基本的な特性は得られたと思っています」。



関連記事
▼ どうなる次世代光ディスク 第2回 Blu-ray Discレコーダで、できること
Blu-ray Discは、その規格面はともかく、具体的に何が実現できるのか、DVDと比較してどのように変わるのかといったことは意外と語られてこなかった。そこで今回は松下電器の開発責任者にその機能や今後の展開について話を聞いた

▼ どうなる次世代光ディスク 第1回 規格の分裂は避けられない?――松下・東芝に聞く
現在の青紫色レーザーを採用した次世代光ディスク規格は、Blu-ray DiscファウンダーズとDVDフォーラムに分かれて規格化が進められている。両者が歩み寄る余地はないのだろうか?

▼ 次世代光ディスクの高速化技術と追記型への展開――CEATECレポート
▼ 急ピッチで開発が進む次世代光ディスクレコーダ――CEATECレポート
▼ CEATECに見る青紫色レーザー開発の“現状”
▼ 次世代光ディスクの現状 第2回:青紫色レーザーも問題ない? 製品化に向け進むBlu-ray Disc

[北川達也, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -