News 2003年9月19日 05:52 AM 更新

WPC EXPOの“発売前デジカメ”を全機種チェック(3/3)


前のページ

病みつきになる高速連写「D2H」


D2H(左)と人気モデルのD100(右)。EOS Kiss Digitalの登場に心中穏やかではないだろうが、D100後継機や普及価格の一眼レフデジカメは「今のところ、予定はありません」(同社)とのこと

 自社開発の撮像素子「JFETイメージセンサー“LBCAST”」を搭載したD2Hの魅力は、なんといっても高速連写機能。 LBCASTの持つデータの高速読み出し/転送性能を生かして、410万画素の最大記録画素数(2464×1632ピクセル)で1秒間に8コマ、最大で40コマ(RAWデータで最大25コマ)までの連続撮影が行える。ブースでは実際に高速連写を実機で体験できる。秒間8コマでの40コマ一気撮影は、病みつきになる心地よさだ。

注目はXactiよりもフォトプリンター

 三洋電機は、WPC EXPO期間中に店頭に並ぶ(9月19日発売)低価格入門機「Xacti DSC-S1」と、9月10日に発表した動画デジカメ新製品「Xacti DSC-J2」(10月10日発売)をアピールしていた。


動画デジカメ「Xacti DSC-J2」

 注目は参考出展のデジタルフォトプリンター。SDメモリーカード(MMC)/コンパクトフラッシュ/マイクロドライブ/スマートメディア/メモリースティックが使えるマルチスロットを装備。ダイレクトプリント規格「PictBridge」にも対応し、PCを介さずにポストカードサイズ(148×100ミリ)までのデジカメ写真プリントが行える。


デジタルフォトプリンターを参考出展

 印刷方式は昇華型熱転写方式を採用。完全フチなしプリントを「業界最速クラス」(同社)となる1枚40秒で印刷できる。キューブ型のボディはサイズが189(幅)×192(奥行き)×162(高さ)ミリで重さが約2.3キロ。発表・発売時期や価格など詳細は未定だが「年内には発売したい」(同社)とのこと。写真画質の年賀状作りに間に合うかもしれない。

そのほかの近日発売デジカメ


リコーブースでは、WPC EXPO期間中に発売(9月19日)する3倍ズーム3Mピクセル機「Caplio G4wide」を展示。普及価格帯のコンパクトデジカメでは非常に珍しい「28ミリ相当からの広角ズームレンズ」を備えた意欲作だ。ブースでは、シルバー/ブラック2色の実機を触ることができる。


新D-Snapシリーズをデジカメのジャンルに入れるのには(筆者も含めて)異論があるユーザーも多いだろうが、松下電器産業ブースで一番ユーザーの関心を集めていたので掲載。もっとも、写真の最下位機種「SV-AS10」はD-Snapの特徴でもあるMPEG-4(MPEG-2)動画撮影・再生機能を備えていないので、筆者はデジカメと勝手に認定(一応、MotionJPEGで動画撮影はできるが、それこそデジカメっぽい?)

関連リンク
▼ 特集:WPC EXPO 2003

[西坂真人, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 3/3 | 最初のページ



Special

- PR -

Special

- PR -