News:ニュース速報 2003年12月22日 04:29 PM 更新

三菱化学メディア、30GバイトUDOディスクを製造


 三菱化学メディアは12月22日、英Plasmonとライセンス契約を結び、大容量光ディスク「UDO」(Ultra Density Optical)ディスクの製造・販売を始めると発表した。

 UDOは青色レーザーを利用した大容量光ディスク。5.25インチMOに似たディスクカートリッジを採用し、両面30Gバイトの容量を持つ。追記型と書き換え型の2種類があり、米Hewlett-PackardとPlasmonが対応ドライブとジュークボックス装置を発表している。

 三菱化学メディアは、MOディスクを製造している水島工場(岡山県倉敷市)でUDOも製造し、2004年秋から出荷を始める計画。国内では「MITSUBISHI」ブランド、海外では「Verbatim」ブランドで販売する。

関連記事
▼ 日本HP、5.25インチUDO規格を採用
▼ 米ソニー、OEM向けに23GバイトのBlu-rayドライブ出荷
▼ ソニー、9.1Gバイトの5インチMOドライブを発表
▼ ソニー、最大容量40Gバイトの光ディスク規格を策定

関連リンク
▼ 三菱化学メディア
▼ Plasmon

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -