News:ニュース速報 2001年7月2日 08:01 更新

「MURAMASA」──極薄メビウスノートに新ブランド名

 シャープはこのほど,超薄型のメビウスノートに「MURAMASA」とブランド名を付け,本格的に販売に乗り出した。

 MURAMASAと名付けられたのは「PC-MT1」シリーズ。最薄部で16.1ミリの超薄型デザインが特徴で,超低電圧版モバイルPentium III/500MHz,入力しやすさに配慮したポップアップ式キーボードなどを搭載したモバイルノートだ。ブランド名は日本刀「村正」から採用。開発コード名をそのままブランド名とし,その薄さとエッジ感を表した。

 初代村正は16世紀始めの伊勢桑名に実在した刀工の名匠。村正の銘刀が徳川家康周辺の不幸に関連したとされることから“妖刀”と呼ばれ,江戸期には将軍家に遠ざけられた。RPG「Wizardly」中に登場する最強のウエポン「Muramasa Blade!」としても有名。

関連記事
▼ 薄さの秘密は,キーボードのギミックと自社開発の表示ユニット――シャープのモバイルノートPC
▼ シャープ,新機軸のモバイルノート2機種を発表
▼ シャープ,世界最薄メビウスノートに企業向けWindows2000モデル
関連リンク
▼ シャープ

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -