検索
ニュース

「Windows 10」、Bashも使えるAnniversary Updateプレビュー(ビルド14316)公開

MicrosoftがBuild 2016で発表した今夏実施予定の「Anniversary Update to Windows 10」の多くの機能が利用できるプレビュー「ビルド14316」がFast Ring向けに公開された。Bashシェルや新しい拡張機能が利用できる。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 米Microsoftは4月6日(現地時間)、Windows 10 Insider Previewの最新ビルド「Build 14316」を公開した。Fast Ring向けに提供する。

 「Build 2016」で発表された今夏公開の大規模アップデート「Anniversary Update to Windows 10」の多くの機能を試せる。

 主な新機能を紹介する。

Bashシェル

 Build 2016の基調講演で最も注目されたBashシェルが使えるようになった。

 利用するには、「開発者モード」に切り替えて「Windows Subsystem for Linux」をインストールし(再起動が必要)、コマンドプロンプトで「bash」と入力する。

 windows 1
bashシェル

Edgeに「OneNote Clipper」などの新拡張機能

 ビルド14291から利用できるようになったWebブラウザ「Edge」の拡張機能に、新たに米Pinterestの「Pin It Button」とMicrosoft Officeのメモツール「OneNote」にWebページの部分をクリップできる「OneNote Clipper」が加わった。

 windows 2

Cortanaの端末同期機能(日本ではまだ使えない)

 Windows 10 Mobile端末あるいはAndroid端末上のCortanaと連係させることで、以下の機能が使える。

  • モバイル端末のバッテリーが残り少なくなると、Windows 10にプッシュ通知が表示される
  • Windows 10のCortanaに自分のモバイル端末を探すよう頼める(Appleの「iPhoneを探す」のような機能
  • Windows 10のCortanaに「<目的地>への道順」と告げると、モバイル端末にナビが送られる
 windows 3
モバイル端末のバッテリーが切れる前に知らせてくれる

アクションセンターの新機能

 アプリごとに通知を設定したり、通知レベルを3段階で設定できるようになった。

ダークテーマ

 [設定]→[パーソナル設定]→[色]でダークテーマに設定できるようになった。

 windows 4
ダークテーマ

ContinuumでWindows 10 Mobile端末の画面をデスクトップに表示

 この機能については別記事を参照のこと。

 この他にも仮想デスクトップ機能などが改善された。詳細は英語の公式ブログを参照されたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る