検索
ニュース

LINEの新型コロナ調査、約2450万人の回答を集める 「オンライン調査の歴史に残る、桁違いの回答数」

同社の舛田淳CSMO(最高戦略マーケティング責任者)は「オンライン調査の歴史に残る、桁違いの回答数」と自身のTwitterでコメント。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 LINEは4月3日、メッセージアプリ「LINE」の国内ユーザー約8300万人を対象にした新型コロナウイルス対策の第1回アンケート調査で、2453万9124人の回答を得たと発表した。同社の舛田淳CSMO(最高戦略マーケティング責任者)は「オンライン調査の歴史に残る、桁違いの回答数」と自身のTwitterでコメントした。

photo

 LINEと厚生労働省が情報提供に関する協定を結んで実施されたもの。期間は3月31日から4月1日まで。回答率は全体の29.6%だった。

 ユーザーの体調や大まかな居住地域などのデータを収集し、クラスター(感染者集団)の早期発見に役立てるのが目的。LINE公式アカウントとのトーク画面で「現在の体調について教えてください」といった質問に回答してもらう形式で、収集したデータは個人を特定できないように処理し、分析・調査後に破棄するとしている。

 調査結果は厚生労働省の新型コロナウイルス対策本部クラスター対策班に無償で提供済みという。第2回アンケート調査は4月5〜6日に行う予定。

photo
左から厚生労働省 新型コロナウイルス対策本部クラスター対策班・北海道大学教授の西浦博氏、厚生労働省結核感染課長の日下英司氏、LINE 執行役員 公共政策・CSR担当の江口清貴氏

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る