検索
ニュース

「Android版Googleアプリが落ちる問題」の比較的まともな対処法【公式案内の追記あり】

世界的に発生している、Androidスマートフォンの「Google」アプリが繰り返し動作停止する現象を比較的まともに解決する方法を紹介する。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 6月22日午後1時ごろから、Androidスマートフォンの「Google」アプリが繰り返し動作停止する現象が世界的に起きている。米Googleは問題について「現在調査中」としているが、エラーメッセージを読み解くことで、問題を解決する比較的まともな方法が見えてきた。

【追記:2021年6月22日午後7時 Googleによる公式の解決方法を追記しました】

「ストレージを消去」でバージョンを落とさず正常起動に復帰

 問題の一時的な対応策には「アプリを無効化する」「アプリをアンインストールする」という方法もあるが、アプリを無効化すればエラーの通知は収まるもののアプリ自体が使えず、アンインストールすればアップデート適用前の工場出荷状態に戻るものの、セキュリティ的に良い状態とはいえない。

 記者が見つけた方法は、「設定」→「アプリと通知」からGoogleアプリの「アプリ情報」を開き、「ストレージを消去」から「GOOGLE検索データを消去」を押すことで解決するものだ。

Googleアプリのアプリ情報画面Googleアプリのアプリ情報画面 詳細設定の「ストレージを消去」から「GOOGLE検索データを消去」を押すことで動作停止を回避できる

 記者の手元ではバージョン12.22.8.23.arm64と12.23.16.29.arm64(6月22日午後4時時点で最新版)で動作停止の事象が発生していたが、いずれも同様の方法で回復した。開発者向けのデバッグログを読んでも、対策後にはエラーは発生していない。

 この方法を実行した後、Googleアプリの検索画面を開いても検索履歴などは残ったままのため、特定のデータが失われる心配はないように思われるが、それでも心配なユーザーはGoogle公式の修正アップデートを待つべきだ。

追記:2021年6月22日午後7時

 Googleはコミュニティページで、ほぼ同様の操作による解決方法を公開した。ただし、「ストレージを消去」の次は「GOOGLE検索データを消去」ではなく「データを全て消去」の方を選ぶよう案内している。これにより、Googleアシスタントなどアプリの設定の一部が初期化されるとしており、実行後は設定の見直しを求めている。

(追記ここまで)

ログイン後のデータ読み込みでエラー?

 エラーが発生している状態で、「Android Debug Bridge」(adb)という開発者向けのコマンドラインツールからデバッグログを参照すると、アプリ起動後のログイン処理の直後に実行時例外が起き、その直後に「不正な引数のエラー」(java.lang.IllegalArgumentException)として「同じキーが複数エントリーしています」(Multiple entries with same key)というメッセージが表示されているのが分かる。


動作停止エラーに関すると思われるデバッグログの該当箇所

 このキーはURLの形式で、末尾を見ると「hotword.data」という何らかのファイルであることが推測できる。ホットワードというと、音声検索のウェイクワードに関連する可能性や、各ユーザーの嗜好に最適化した記事をおすすめする機能の「Discover」に関連する可能性もあるが、はっきりしたことは分からない。

 ストレージの消去後はこのエラーログが出現しないため、アプリのアップデート前後で何らかの衝突や参照ミスがあったといえそうだ。

1社のミスで世界的に問題が起きる構造

 Androidアプリ関連では、アプリの部品である「WebView」のアップデートに不具合があったためにさまざまなAndroidアプリが正常に動作しなくなった事例が3月にあったばかりだ。インターネット関連まで見渡せば、6月には米Fastlyと米Akamai TechnologiesというCDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)ベンダーの2社でそれぞれ障害が起き、さまざまなWebサイトへアクセスしづらい状態になっていた。

 インターネットに関わるサービスでは、1社の技術やバグが世界的に影響を及ぼすことがしばしばある。こうした問題は今後も起きうると考えられる。プログラムの性質上、バグをゼロにすることは難しいが、サービスベンダーにはバグ発生後の迅速な対応が求められる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る