Special
» 2007年04月27日 10時00分 公開

“Perfect Motion”でさらなる高みへ――BenQ HDMI搭載24インチワイド液晶「FP241WZ」 (1/2)

BenQの「FP241WZ」は、1920×1200ドット(WUXGA)対応の24インチワイド液晶ディスプレイ。HDMIを含む豊富な入力端子に加え、動画表示の残像感を減らす「黒画面挿入」の機能を搭載した点が大きな特徴だ。

[PR/ITmedia]
PR

HDMI搭載の人気ディスプレイがより高機能に進化

BenQの24インチワイド液晶ディスプレイ「FP241WZ」

 液晶ディスプレイのワイド化と高機能化に対して、BenQは非常に積極的だ。2006年の秋に登場した「FP241W」は、1920×1200ドット(WUXGA)対応の24インチワイド液晶パネルを採用したうえ、PC用の液晶ディスプレイとして世界で初めてHDMI入力端子を搭載したハイエンドモデルにもかかわらず、実売10万円以下という画期的な価格設定で人気を博した。その上位機種として2007年3月下旬に発売されたのが「FP241WZ」だ。

 FP241WZの基本スペックと機能はFP241Wとほとんど同じだが、大きな強化点が2つある。「Perfect Motion」と「スケーリングの向上」だ。また、Windows Vista搭載PCと組み合わせて使った場合、Windows Vistaの機能を最大限利用できることを示すマイクロソフトの認定ロゴ「Certified for Windows Vista」も取得している。まずは製品概要を簡単に整理してから、強化点を詳しく紹介していこう。

 主な仕様を列挙すると、輝度は500カンデラ/平方メートル、コントラスト比は1000:1、最大表示色は約1677万色、視野角は水平/垂直とも178度(コントラスト比が5:1の場合)、白黒間の応答速度は16ms、中間階調の応答速度は6msとなっている。

1920×1200ドット表示の24インチワイド液晶パネルは、A4見開きページを等倍表示できる広大な作業領域が確保できる(写真=左)。大型の液晶パネルを採用しているが、視野角は良好だ。斜めから見ても、カラーバランスやコントラストが崩れるようなことはない(写真=中央/右)

 応答速度については、新しい動画応答時間の指標として標準化が期待されているVESAの「MPRT」(Moving Picture Response Time)規格の数値も公開されている。MPRTは、人間の視覚に近い動画応答時間を調べるため、全階調の決まったポイントの応答時間を測定して平均値を算出する仕組みだ。やや厳しい条件での測定を行うため、液晶ディスプレイに限っていえば、スペック上の応答速度よりも数字が悪くなるケースが多い。エンドユーザーにとっては、まだまだ評価の目安にしにくい指標なのだが、FP241WZの12msという値はかなり良好な部類と言える。

 もちろん、BenQ独自の画像補正技術「Senseye」と、中間階調の応答速度を高めるオーバードライブ技術「AMA」(Advanced Motion Accelerator)も搭載している。両者の詳細は、こちらの記事を参照してほしい。

 入力インタフェースは全部で6系統と豊富だ。PC入力はD-Sub 15ピンのアナログRGBと、HDCP対応のDVI-Dだ。AV入力は、HDMI、コンポーネント、Sビデオ、コンポジットとなる。親子画面表示のPIP(ピクチャー・イン・ピクチャー)も可能だが、DVI-D入力とHDMI入力の親子画面など、一部PIPが不可能な組み合わせもある。詳細はBenQの資料(PDF)で確認してほしい。USB 2.0のハブ機能にも対応しており、液晶パネル部の左側面に2ポート、上面に1ポートの合計3ポートを搭載している。上部のUSBポートは、Webカメラの接続を想定したものだ。

背面のインタフェースは、左から電源、DVI-D、HDMI、D-Sub、コンポーネント、コンポジット、S-Video、USB 2.0アップストリームの順番に並ぶ。電源ユニットは本体に内蔵済みで、ACアダプターの接続は不要だ

PIPの小画面はサイズ、表示位置、コントラスト、シャープネスの設定が可能(写真=左)。USB 2.0ポートは左側面に2つ、上面に1つ用意されている(写真=中央/右)

 スタンドは柔軟な角度調整機能を備えている。チルトとスイベル、高さの調節が可能なことに加え、画面を90度回転して縦位置表示で使うピボット機能も持つ。音声入力とスピーカーは搭載していないが、これはまったく問題ないだろう。高音質を求めるならば、液晶ディスプレイ内蔵のスピーカーでは少々無理があり、好みの外付けスピーカーを別途接続したほうが満足度は高いはずだ。

チルト(写真=左)やスイベルの調整に加えて、背面のボタンを押すことで高さの変更も行える(写真=中央)。液晶パネルを時計回りに90度回転させることで縦位置表示(1200×1920ドット)も可能(写真=右)。視野角が広いため、縦位置表示にしても画面の上下でカラーバランスが保たれている

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.