Special
» 2007年06月15日 10時00分 公開

見た目も中身も進化した“Gaming”ワイド液晶ディスプレイ――BenQ「FP241VW/FP94VW」 (1/3)

BenQから、HDMI入力を備えたワイド液晶ディスプレイの新製品として、24インチワイドモデルの「FP241VW」と19インチワイドモデルの「FP94VW」が登場した。従来機の特徴を引き継ぎつつ、ゲーム用途向けの新機能を搭載した意欲作だ。

[PR/ITmedia]
PR

HDMI搭載のゲーム向けワイド液晶ディスプレイ2モデルが登場

左から、「FP241VW」と「FP94VW」

 昨今の個人向け液晶ディスプレイ市場でトレンドとなりつつあるのが、ワイドパネルの搭載とハイビジョン入力への対応だ。これまでBenQは、積極的にワイドパネルを採用するとともに、HDMI入力に対応した液晶ディスプレイ製品を他社に先駆けて投入してきた。そんなBenQがこの夏商戦に向けて自信を持って投入したのが「FP241VW」と「FP94VW」の2モデルだ。いずれもHDMI入力を装備することに加えて、BenQが培ってきた動画の高画質化技術をふんだんに採り入れたゲーム向けワイド液晶ディスプレイとなっている。

 FP241VWとFP94VWは、同じシリーズの兄弟モデルという位置付けだ。上位モデルのFP241VWは1920×1200ドット(WUXGA)に対応した24インチワイド液晶パネル、下位モデルのFP94VWは1440×900ドット(WXGA+)に対応した19インチワイド液晶パネルを搭載している。価格はオープンで、BenQ Directによる直販価格はFP241VWが10万9800円、FP94VWが3万2800円といずれもコストパフォーマンスが高い。

 なお、2モデルともWindows Vista搭載PCと接続して使う場合、Vistaの持つ機能を最大限に利用できることを示すマイクロソフトの認定ロゴ「Certified for Windows Vista」を取得している。

 まずはFP241VWとFP94VWの基本的な製品仕様から見ていこう。これらの主なスペックは下表に示した通りだ。

FP241VWとFP94VWの主なスペック
FP241VW FP94VW
パネルサイズ 24インチワイド 19インチワイド
表示エリア(H×V) 518.4×324.0ミリ 408.2×255.1ミリ
画面解像度 1920×1200ドット 1440×900ドット
最大発色数 約1677万色 約1677万色
画素ピッチ 0.27×0.27ミリ 0.2835×0.2835ミリ
視野角 上下178度/左右178度 上下160度/左右160度
輝度 500カンデラ/平方メートル 300カンデラ/平方メートル
コントラスト比 1000:1 800:1
応答速度 16ms(GTG 6ms)/MPRT 12ms 5ms(GTG 2ms)
PC入力端子 DVI-D(HDCP対応)、D-Sub DVI-D(HDCP対応)、D-Sub
ビデオ入力端子 HDMI、コンポーネント、S-Video、コンポジット HDMI
USB USB 2.0アップストリーム×1/ダウンストリーム×2
音声入力端子 HDMI経由 HDMI経由
ヘッドフォン端子 ステレオミニ ステレオミニ
スピーカー
チルト角度 上12度/下5度 上20度/下5度
VESAアームマウント規格 100×100ミリ 100×100ミリ
電源 本体内蔵 本体内蔵
消費電力 95ワット(USB未使用時) 50ワット
本体サイズ 700(幅)×135.6(奥行き)×471.4(高さ)ミリ 490(幅)×172(奥行き)×369(高さ)ミリ
重量 約10キロ 約4.7キロ
主な付属品 アナログRGBケーブル、DVIケーブル、USBケーブル、HDMIケーブル、電源ケーブル、ドライバCD-ROMなど アナログRGBケーブル、DVIケーブル、電源ケーブル、ドライバCD-ROMなど

 FP241VWは、上位モデルにふさわしいハイスペックな仕様が目立つ。液晶パネルは高コントラスト比と広視野角を両立できるVA方式を採用。輝度は500カンデラ/平方メートルと液晶TV並に明るく、コントラスト比は1000:1、視野角は上下/左右とも178度を誇る。応答速度は黒白間が16ms、中間階調が6msだ。また、動画応答時間の新しい指標として標準化が期待されるVESAの「MPRT」(Moving Picture Response Time)規格による測定値も12msと不満がない値となっている。

 一方のFP94VWは、低価格な下位モデルながらスペック面も健闘している。液晶パネルは応答速度を高速化しやすいTN方式を採用。輝度は300カンデラ/平方メートルと動画再生に必要十分な明るさで、コントラスト比は800:1、視野角は上下/左右とも160度となる。こちらはMPRTの測定値がないものの、応答速度は黒白間で5ms、中間階調で2msと非常に速い。

FP241VWは、A4見開きページを等倍表示できる1920×1200ドット表示の24インチワイド液晶パネルを搭載(写真=左)。FP94VWは、1440×900ドット表示の19インチワイド液晶パネルを採用する(写真=右)

 表示の傾向については、どちらもメリハリがある力強い発色で、とくに動画や写真をハイコントラストに映し出すのが印象的だ。もちろん、各種画質の設定にも対応しており、ある程度好みの画質にカスタマイズできる。実際に2台並べて見てみると、FP241VWはさすがに上位モデルだけあって、輝度の高さと視野角の広さでFP94VWを上回っていた。

ゲームや動画の表示品質を高める技術を凝縮

 これら2モデルは、BenQ製品おなじみの高画質化技術である「Senseye」と「AMA」(Advanced Motion Accelerator)も搭載している。Senseyeは、コントラスト強化、カラーマネジメント、シャープネス強化の3つの画像補正エンジンで構成されたBenQ独自開発の技術で、AMAは中間階調の応答速度を高めるオーバードライブ技術だ。SenseyeとAMAの詳細は、こちらの記事を参照してほしい。

 加えてFP241VWとFP94VWは、Senseyeをゲーム用にカスタマイズした新機能「Senseye+Game」を採用しているのが大きな特徴だ。Senseye搭載の従来機では、用途別の画質モードとして、「標準(スタンダード)」「動画(ムービー)」「ダイナミクス」「写真(フォト)」の4つを切り替えて利用できたが、Senseye+Gameでは新たに「アクションゲーム」と「レーシングゲーム」の2つのモードが追加されている。これにより、プレイするゲームのジャンルに応じて最適な画質を手軽に選べるようになった。

Senseye+Gameでは新たに「アクションゲーム」モード(写真=左)と「レーシングゲーム」モード(写真=右)が追加された

 FP241VWは、さらに動画の表示品質を高めるため、3月発売の「FP241WZ」に新搭載された「Perfect Motion」機能も採用している。Perfect Motionとは、AMA技術で中間階調の応答速度を高めつつ、表示フレームの間に「黒画面」を挿入することで、CRTのようなインパルス型の表示特性を擬似的に再現し、映像の残像感を低減させる機能だ。

 Perfect Motionの強度は、前面のボタンから3段階で調整できる。その効果は大きく、背景が高速にスクロールするような3Dゲームやサッカー中継、映画のエンドロールなどで確かに残像の低減が体感できる。ただし、PCの静止画表示でPerfect Motionを最高強度に設定すると、黒画面挿入による輝度の低下と表示のちらつきを感じるため、動画を表示する場合のみ、強度を調整して活用するのがベターだ。ちなみに、FP241VWのアクションゲームモードでは強度2、レーシングゲームモードでは強度3にPerfect Motionが自動設定される。

前面のPerfect Motionボタン(写真=左)を押すことで、Perfect Motionの強度を3段階もしくはオフに切り替えられる(写真=右)

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.