Special
» 2015年12月03日 10時00分 公開

あの“アキバ”取材にデジタルノート「dynaPad N72」を取り入れたらこうなった取材の現場に実戦投入(3/3 ページ)

[古田雄介,PR/ITmedia]
PR
前のページへ 1|2|3       

タブレット&ペンで持ち歩くのもアリかも

 東芝のオリジナルビジネスアプリには、そのほかにもWebページやOfficeファイルをクリッピングする「TruNote Clip」や、クラウド上やネットワーク上にある同一ファイルに複数の端末で同時に書き込みができる「TruNote Share」など、ビジネスで使えるさまざまなツールが備わっている。秋葉原取材では出番がなかったものの、業務や職場の環境によって生かせる場面はありそうだ。

TruNote Clipは、Webページ上などでクリップする部分を指定した状態で直にメモが残せる。そのままTruNoteに保存する仕組みだ

 dynaPad N72をひと通り使ってみて、取材道具として十分使えることが分かった。TruNoteを軸にすれば多機能なメモ帳として使えるし、ICレコーダーを忘れたときは代役も果たしてくれる。加えて、キーボードドックをセットすればモバイルノートPCとして使えるのも実はかなり大きい魅力だ。筆者は電車の中での原稿執筆が日常茶飯事なのでこの役割は欠かせない。

 逆に電車移動がないなら、カバーをつけたうえで本体とペンだけ持ち歩くのもアリだと思う。タブレット本体のみで579gと非常に軽量なので、他にもいろいろな書類などを持ち歩いている場合はこの重量の差が体への負担に利いてくる。

 このようにユーザーに合わせた使い方を選択できるのも2in1タブレットのいいところだ。dynaPad N72は、ペンやキーボードといった確かな使い勝手を確保したハードウェアと、そのハードウェアの使い方をユーザーに提案するさまざまな東芝のビジネスアプリが使える両面が魅力な製品なのだ。

デジタルノートとして、紙ノートの代替を提案する「dynaPad N72」 デジタルノートとして、紙ノートの代替を提案する「dynaPad N72」

 
インテル® Atom™ x5 プロセッサー

Intel Inside®素晴らしい体験を

ご購入はお近くの販売店または東芝ダイレクト

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社東芝
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia PC USER 編集部/掲載内容有効期限:2015年12月25日