Special
» 2019年11月26日 10時00分 公開

クリエイティブ向けノートPCの決定版「Endeavor NJ7000E」の性能に圧倒される (1/3)

エプソンダイレクトのハイエンドノートPCがフルモデルチェンジした。新モデル「Endeavor NJ7000E」は何が強化され、どのユーザー層に適しているのだろうか。実機をチェックした。

[PR/ITmedia]
PR

 ビデオ編集や3DCGレンダリングなどのクリエイティブワークは、昔からPCの主要用途だ。こういったクリエイティブワークをスムーズに行うのに、ハイスペックなPCが必要というのは今も昔も変わらない。そのため、クリエイティブ向けというと、大型のタワー型マシンを連想する方が多いかもしれない。

ノートPCでも動画編集がスムーズに!

 しかし、技術革新によってそういった事情も変わってきている。近年のCPUやGPUの進化は目覚ましく、最新のハイエンドノートPCは、数年前の大柄なハイエンドデスクトップPCを上回る性能を持っており、ノートPCでもかなりレベルの高いクリエイティブワークをこなせるようになっている。

 大柄のタワー型デスクトップPCに比べ、ノートPCは格段に省スペースで取り回しもしやすいので、学生などのプロクリエイター予備軍にも導入しやすい。プロのクリエイターにとっても、持ち運べるハイスペックPCがあれば、より効率的に業務が行えるし、仕事の幅を広げることにもつながるだろう。

 エプソンダイレクトから登場した「Endeavor NJ7000E」は、そういったクリエイティブ向けの高性能なノートPCを探している人にお勧めの製品だ。単に高性能というだけにとどまらず、クリエイティブ用途を強く意識し、クリエイティブ適性の高い内容となっている。これからその魅力を詳しく見ていこう。

Endeavor NJ7000E Endeavor NJ7000Eは、第9世代Coreプロセッサ、NVIDIA GeForce RTX 2060のGPU、sRGB100%カバーの液晶ディスプレイなど、クリエイティブ適性の高いスペックを備えた高性能ノートPCだ。
Endeavor NJ7000E 評価機としたEndeavor NJ7000Eのスペック。BTOに対応しているためこの構成は一例であり、CPU、メモリ、ストレージなどは柔軟にカスタマイズしてオーダーできる

高性能かつ省スペース、持ち運びも可能

 クリエイティブ向けのハイスペックを備えるEndeavor NJ7000Eだが、ボディーは意外にコンパクトな印象だ。具体的な公称サイズは、361(幅)×257.7(奥行き)×30.3(厚さ)mmで、画面の狭額縁化により、同じ画面サイズの先代機であるEndeavor NJ6100Eに比べると約13%小型化しているという。

 重量も先代の約2.6kgから約2.2kgへ削減した。移動や設置が無理なくできて、とても扱いやすい。設置に必要なスペースが小さく、使わない時にしまっておく時にもそれほど場所を取らないのはとてもありがたい。

 高性能ノートPCというと、巨大なACアダプターというイメージがあるかもしれないが、本製品はACアダプターもスリムだ。重量も約679gと軽い部類で、一緒に持ち運ぶ際も困らない。

Endeavor NJ7000E 具体的な公称サイズは、361(幅)×257.7(奥行き)×30.3(厚さ)mmと比較的コンパクトだ。画面の狭額縁化により、同じ15.6型の先代機であるEndeavor NJ6100Eと比べると約13%小さくなっているという
Endeavor NJ7000E ハイスペックノートPCとしては扱いやすいサイズで重量も約2.2kgと軽量。気軽に移動して使うことができる
Endeavor NJ7000E ACアダプターのサイズは、実測で75(幅)×145(奥行き)×23(厚さ)mmとスリムだ。実測の重量も約679gと軽く、本体と一緒に持ち運ぶ場合も困らない
Endeavor NJ7000E テンキー付きの6列キーボードを搭載する。ストロークが深めに確保されており、しっかりとしたクリック感がある。BTOで英語配列も選べるのがうれしい
Endeavor NJ7000E タッチパッドには、指紋センサーを内蔵する。外へ持ち運ぶ際に重要となるセキュリティを確保しつつ、指で触れるだけのスピーディーなログインを両立できる

6コア12スレッドのパワフルなCPUを採用

 CPUには第9世代CoreプロセッサーのHシリーズ(TDP 45W)を採用しており、BTOでCore i7-9750HとCore i5-9300Hの2種類から選べる。

 上位のCore i7-9750Hは6コア12スレッドで動作する。2〜3年前のノートPCでは4コア8スレッドが最高で、6コア12スレッドはデスクトップPC向けCPUの中でも「ウルトラハイエンド」と位置付けられるワークステーションクラスの特別なカテゴリーにしかなく、大きなタワー型ボディーのデスクトップPCでしか使えなかった。

 動画編集や写真編集、CGレンダリングではCPUのコアやスレッド数が性能に直結しやすい傾向があるだけに、コア数のアドバンテージは大きい。特に第9世代では、従来よりさらに動作周波数が向上し、シングルスレッド性能、マルチスレッド性能ともに高速化されている。Core i7-9750Hは、実際に当時の6コアデスクトップPCと同等以上の性能を発揮でき、クリエイティブ適性は文句なしだ。

Endeavor NJ7000E 評価機のCPUにはCore i7-9750Hを搭載する。最新のハイパフォーマンスPCで定番的に採用されているCPUだ。6コア12スレッドで動画編集、写真編集などをパワフルにこなせる
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:エプソンダイレクト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia PC USER 編集部/掲載内容有効期限:2019年12月9日