Special
» 2020年12月09日 10時00分 公開

便利で安全! 選べる! 高コスパ! デル・テクノロジーズの「PCバックパック」がお勧めな訳 (1/3)

ノートPC用のバッグ類(バックパックやブリーフケース)を探すのは、簡単そうに見えて意外と難しい面がある。手頃な価格で高品質なものが欲しいなら、デル・テクノロジーズ製のバックパックやブリーフケースをチェックしてみよう。

[PR/ITmedia]
PR

 テレワークが普及すると、「デスクワーク」を行う場所は企業のオフィスに限られなくなり、自宅やサテライトオフィスなど、さまざまな場所でノートPCを使う機会は必然的に増える。

 ノートPCは高価だ。持ち運びが多くなると、故障や破損のリスクは高まる。それを極小化するためには、持ち運びに使うバックパック選びにもこだわりたい。しかし、「ノートPC対応バックパック」というくくりで探してみると、選択肢が膨大すぎてどれを買ったらいいのか分からなくなることが多い。

 また、ノートPCの持ち運びを想定していても、“配慮”までは行き届いておらず、十分なクッション性(耐衝撃性)や防水性能を備えないものもある。かといって、ガッチリとしたカバンでは、重すぎたり使いにくかったりと、普段使いに不向きなこともある。何にせよ、必要に駆られて慌てて買ったものの、後で後悔するという事態は避けたい。

 そこで注目したいのが、デル・テクノロジーズが提供するPC用バックパックだ。ビジネスシーンにおけるノートPCの運用を知り尽くした同社が提供するだけあって、十分な保護性能を備え、機能性も高い。それでいて、価格が手頃で魅力的だ。

 “知る人ぞ知る”存在である、デルのバックパックをチェックしていこう。

デルのバックパック デル・テクノロジーズのバックパック。用途や目的に応じて多彩なラインアップを用意している

なぜ“PC用”のバックパックがいいのか?

 そもそも、ひと言で「ビジネスバッグ」といっても、背中に背負う「バックパック」や、手で持てる「ブリーフケース」など、多くのタイプが存在する。利用者によって好みは分かれるだろうが、重量のあるPCを携帯するにはバックパックタイプがお勧めだ。

 昨今は、新型コロナウイルスの流行もあり、手を洗ったり消毒したりする頻度も増えた。両手が自由に使えるバックパックタイプなら、手洗いや手の消毒もスムーズに行える。ブリーフケースタイプのバッグを選ぶ場合も、肩掛け用のバンドが利用できると同じように使える。

 また、先述の通り必ずノートPCの持ち運びを想定したバッグを選びたい。想定していないものと比べると、保護性能に差が出るからだ。「サイズ的に入るから」と、手持ちのバックパックでノートPCを持ち運ぼうと考えたことがある人もいるかもしれないが、耐衝撃性を考慮していない製品では、不意の落下や、満員電車での押し潰しなどでノートPCに不具合を生じかねない。

 ノートPC用にデザインされたバックパックであれば、衝撃や圧迫に対する対策も十分に行われている。雨水のリスクに関しても、製品によってはある程度は予防できる。

バッグの選び方 昨今の情勢を考えると、PCバッグは背中に背負えたり、肩掛けにできたりするものをお勧めする。もちろん、ノートPCの持ち運びを想定したものを選びたい(写真は「Dell Premier ブリーフケース 15」)

 バッグ選びの際には、耐久性以外にもビジネスシーンを想定した使い勝手も確認しておきたい。例えば、「収納ポケットの配置が工夫されていて、書類や筆記具などをスムーズに取り出しやすい」とか、「小さいポケットが外側に複数用意されているため、頻繁に使う小物を取り出しやすい」といった所をしっかり確認しよう。

 出張機会の多い人にとっては、キャリーケースのプルアップバーに固定できるストラップの有無なども、後々の使い勝手に響いてくるポイントだ。その他、背中に接する面が通気性の高いメッシュかどうかも、夏季に汗蒸れを予防する上で重要なポイントなので、意識的にチェックしたい。

背中の当たる部分 バックパックの背中が当たる部分の構造も、夏の暑い時期には重要だ。汗を多くかく人は、メッシュ素材のものが好ましい(写真は「Dell Premier スリム バックパック 15」)

デル・テクノロジーズのPCバックパックは選択肢が多い

 デル・テクノロジーズが提供するPCバックパックで注目したい製品は、大きく2系統に分かれる。ビジネスユーザー向けの「Pro(プロ)」と、同じくビジネス向けの最上位ブランド「Premier(プレミア)」だ。

 両シリーズともに、携行のしやすさを重視した「スリム」という派生モデルがあり、Proにはバックパックとしてもブリーフケースとしても使える「ハイブリッド」モデルも用意されている。豊富なラインアップからニーズに応じた選択ができることはもちろん、コストパフォーマンスの良さにも改めて注目しておきたい。

 直販サイトでの価格は、15型までのノートPCなどを収納できるサイズの「Pro スリム」が4300円(税抜、以下同)、「Pro」が6100円、「Pro ハイブリッド」が7500円だ。同じく「Premier スリム」が9200円、「Premier」が1万500円となっている。ビジネスリュック市場では、2〜3万円を超える製品も少なくないことを考えると、どれもかなり手頃といえる。

 さらに、この価格帯でも3年間のメーカー保証が付属しているので、安心して使えることも見逃せない。

デル・テクノロジーズ デル・テクノロジーズのバックパックは、ラインアップが豊富だ

 ちなみに、今回紹介するバックパックは、全て自然環境に配慮して作られた「EcoLoop(エコループ)」対応の製品でもある。

 バッグのコンパートメントの内部に、自動車のフロントガラスから由来する「PVBプラスチック」を加工して作られた繊維を使っている他、繊維の染め上げ工程を変更することで環境負荷(河川の汚濁)を大幅に抑制している。

コーティングプロセス バックパックのコンパートメントの内部には、自動車のフロントガラスから回収したPVBプラスチックから作られた繊維が使われている
染料 繊維の染め上げは、繊維として押し出される前段階で行う
効果 これにより、染料の廃液の量を約90%削減。その上、二酸化炭素の排出量やエネルギーの消費量も削減できた
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:デル・テクノロジーズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia PC USER 編集部/掲載内容有効期限:2021年1月31日