Special
» 2021年04月30日 10時00分 公開

WQHDで165Hzの液晶を搭載! 高解像でなめらかなプレイを楽しむなら「G-Tune E5-165」はどうだ?(1/3 ページ)

ノートPCでゲームを楽しみたいけど、フルHDではなくもっと高解像でなめらかな画面でヌルヌルとプレイしたい――。数あるゲーミングノートPCの中でも、こういった要望に応えてくれるモデルは実は多くない。マウスコンピューターの「G-Tune E5-165」はどうなのだろうか?

[PR/ITmedia]
PR

 マウスコンピューターの「G-Tune E5-165」は、同社のゲーミングブランド「G-Tune」シリーズに加わったミドルレンジのゲーミングノートPCだ。

 厚さが約20.6mmで、重量も約1.73kgとゲーミングノートPCとしてはスリムで持ち運びやすいボディーに、高性能なNVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop GPUと、165Hzの高速リフレッシュレート対応のWQHD(2560×1440ピクセル)液晶ディスプレイを搭載するなど、ワンランク上のゲーミング体験を味わえるのが特徴だ。

 同社の直販価格は税込み19万7780円〜で、パーツなどのカスタマイズが行えるBTOに対応している他、JeSU(日本eスポーツ連合)の認定を取得したJeSU公認モデルも用意される。評価機を入手したので、その内容をじっくりチェックしよう。

G-Tune E5-165 マウスコンピューターの15.6型ゲーミングノートPC「G-Tune E5-165」。ゲーミングノートPCとしては軽量な約1.73kgのスリムなボディーに、最新のパーツを凝縮している。ベーススペックが高いJeSU公認モデルも用意される

ゲーミングノートPCらしからぬスリムでコンパクトなボディー

 ボディーの厚さは約20.6mmと薄型で、デザインも実にシンプルだ。ゲーミングノートPCらしからぬ見た目で、キーボードバックライトをオフにしていれば、ビジネスシーンでも全く違和感がない程である。

 具体的なボディーサイズは、約355.5(幅)×236.7(奥行き)×20.6(厚さ)mm、重量は約1.73kgだ。GeForce RTXシリーズのGPUを搭載する15.6型画面のゲーミングノートPCとしては軽量クラスの重量で、とても扱いやすい。スリムなためバッグへの収まりも良く、室内での移動やカフェなどに持ち出すくらいなら苦にならない。JEITAバッテリ動作時間測定法Ver.2.0による公称のバッテリー駆動時間は約7.5時間だ。

G-Tune E5-165 天板は上品なサンドブラスト仕上げだ。ロゴを配置しただけのシンプルなデザインで、ゲーミングノートPCらしからぬ落ち着いた雰囲気がある。使う場所を選ばないデザインだ
G-Tune E5-165 底面にある放熱口の奥にヒートパイプや2基の大口径ファンなどが見える
G-Tune E5-165 ACアダプターは230W仕様だ。実測のサイズは、約75(幅)×153(奥行き)×30(厚さ)mm、ケーブル込みの重量は850gだった
G-Tune E5-165 比較的容量の大きいバッテリーを搭載している。公称のバッテリー駆動時間は約7.5時間だ

130WのGeForce RTX 3060 Laptop GPUをディスクリートモードでフル活用!

 グラフィックス機能は、最新のNVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop GPU(グラフィックスメモリは6GB)を搭載している。評価機で確認したところ周波数ブーストのリミッターである「最大グラフィックスパワー」は130Wと、RTX 3060搭載機としては高出力な設定となっており、ゲーミングでもクリエイティブ用途でも高いパフォーマンスが期待できる。

 「ディスクリートモード」を搭載していることも見逃せない。一般的なノートPC向けの外部GPUでは、「NVIDIA Optimus Technology」によって、内蔵GPUと外部GPUをアプリケーションごとに使い分けることで消費電力と性能が最適化される。そのため、外部GPU利用時でも内蔵GPUを経由して出力される関係で、性能面で若干マイナスの影響が出る場合がある。

 その点、本製品は「MSHybrid」を使った切り替えが可能で、ディスクリートモードではこの機能を利用せずにNVIDIA GPUから直接出力可能なので、NVIDIA GPUの性能をより発揮できる。

G-Tune E5-165 GPUに最新のNVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop GPU(グラフィックスメモリは6GB)を搭載する。ゲームでもクリエイティブ用途でも高い性能が期待できる
G-Tune E5-165 最大グラフィックスパワーは130Wだ。ノートPC向けのGeForce RTX 3060としてはトップクラスの高出力設定になっている
G-Tune E5-165 ディスクリートモードはユーティリティーの「Control Center」で設定できる

8コアのパワフルなCPUでゲーム配信にも最適

 CPUには、IntelのCore i7-10870Hを搭載している。8コア16スレッドで最大5GHz動作のパワフルな仕様だ。コア数が多いので、複数の処理も余裕を持ってこなせる。ゲームと同時に配信ソフトを立ち上げて使うゲーム配信などでもストレスなく使えるだろう。

 メモリとストレージは、BTOで柔軟なカスタマイズが可能だ。標準でもメモリが16GB(最大64GB)、NVMe SSDを512GB搭載しており、ゲーミング向けには十分な内容だ。

 予算に余裕があるなら、メモリを32GB、SSD 1TBにしておくと、将来的にも余裕を持って使えるのでお勧めだ。ちなみに、JeSU公認モデルもこの仕様になっている。ストレージについては、最大2枚のSSDを内蔵できるが、高速なUSB 3.1端子も用意されているので、外付けの高速ストレージを活用するという手もある。

G-Tune E5-165 CPUはIntelのCore i7-10870Hを採用する。8コア16スレッドで2.2GHz〜5GHz動作のパワフルなCPUだ
G-Tune E5-165 ストレージは標準で512GBのNVMe SSDを搭載している。評価機はADATA製であったが、出荷のタイミングによっては異なる可能性がある。BTOではより高速なモデルを指定したり、最大2枚のSSDにしたりと細かなカスタマイズが可能だ
G-Tune E5-165 CrystalDiskMark 8.0.1(ひよひよ氏)のスコア。普段使いのストレージとして、十分な速度を確保している

 続いて、165Hz対応の液晶ディスプレイやインタフェースを見ていこう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社マウスコンピューター
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia PC USER 編集部/掲載内容有効期限:2021年5月29日