検索
ニュース

AMDが12コア24スレッドで499ドルの「Ryzen 9 3900X」など第3世代Ryzenファミリーを発表 出荷は7月COMPUTEX TAIPEI 2019(1/2 ページ)

AMDが台湾国際会議中心で次世代GPUや第3世代Ryzenプロセッサなどの製品群を紹介した。ここでは第3世代Ryzenについて見ていこう。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 5月28日に台湾・台北市で開幕する「COMPUTEX TAIPEI 2019」に先立つ5月27日、台湾国際会議中心においてオープニングイベント「COMPUTEX International Press Conference & CEO Keynote」が開催された。冒頭、AMDのリサ・スー社長兼CEOが登壇し、次世代グラフィックスチップや第3世代Ryzenプロセッサなどの製品群を紹介した。

AMD Ryzen 3
第3世代Ryzenプロセッサを披露するリサ・スー社長兼CEO

第3世代AMD Ryzenプロセッサを正式発表

 スー氏は次世代デスクトップCPUとして、第3世代AMD RyzenプロセッサをCOMPUTEX 2019で正式発表するとアナウンス。この第3世代Ryzen CPUは、

  • 7nm Zen 2コア
  • 第3世代AM4ソケット
  • 初のPCI Express 4.0対応PCプラットフォーム

になると説明。その核となるZen 2コアアーキテクチャは、クリエイティブソフトウェアの性能を引き上げる2倍の浮動小数点性能、メモリレイテンシを抑えゲーム性能を向上させる2倍のキャッシュサイズ、そして全てのアプリケーション性能を引き上げる15%のIPC性能向上を果たすという。

AMD Ryzen 3
第3世代AMD Ryzenプロセッサを発表
AMD Ryzen 3
第3世代Ryzenプロセッサの特徴
AMD Ryzen 3
Zen 2アーキテクチャのパフォーマンス

 スー氏は、この第3世代Ryzenプロセッサのラインアップとして、8コア16スレッドでベースクロック3.6GHz、ブーストクロック4.4GHzで動作するRyzen 7 3700Xを紹介した。Ryzen 7 2700Xと比べ、シングルスレッド性能で15%、マルチスレッド性能で18%の向上を果たしながら、TDPは65Wに抑えられると、そのエネルギー効率の高さをアピール。さらに、Cinebench R20を使ったIntelのCore i7-9700Kとの比較デモを披露し、Ryzen 7 3700Xの4806というスコアに対し、Core i7-9700Kは3726にとどまった。

AMD Ryzen 3
AMD Ryzen 7 3700Xの主な仕様
AMD Ryzen 3
Ryzen 7 3700XとRyzen 7 2700Xのパフォーマンス比較
AMD Ryzen 3
Ryzen 7 3700XとIntel Core i7-9700Kのパフォーマンス比較
AMD Ryzen 3
Core i7-9700Kとのパフォーマンス比較
Ryzen 7 3700XとCore i7-9700Kのパフォーマンス比較

 さらにスー氏は、8コアCPUの新しいパフォーマンスリーダーと位置付けるAMD Ryzen 7 3800Xを発表、8コア16スレッドでベースクロック3.9GHz、ブーストクロック4.5GHzを105WのTDPで実現する製品となる。同CPUは、AMDがやや苦手としてきたゲーム性能を大幅に引き上げる製品としても期待され、カウンターストライク:グローバルオフェンシブ(CS:GO)やPUBG、Dota 2といったeスポーツタイトルによるパフォーマンス比較も披露された。

AMD Ryzen 3
Ryzen 7 3800Xの主な仕様
AMD Ryzen 3
主要eSportsゲームタイトルによるパフォーマンス比較
AMD Ryzen 3
PUBGによるCore i9-9900KとRyzen 7 3800Xの比較デモ
Core i9-9900KとRyzen 7 3800Xの比較デモ(PUBG)

 また、第3世代Ryzenは、世界初のPCI Express 4.0への対応を果たし、PCI Express 3.0の倍の帯域を実現、AMD X570チップセットとの組み合わせでは、最大40レーンの実装が可能になる。

 そこで、スー氏は、PCI Express 3.0世代のCore i9-9900KとGeForce RTX 2080 Tiのシステムと、PCI Express 4.0対応となるRyzen 7 3800XとNAVIのシステムで、3DMarkが実装予定の帯域テストを行い、Core i9-9900Kシステムでは毎秒14GB前後で帯域が頭打ちになるのに対し、Ryzen 7 3800Xシステムでは毎秒24GBを超える帯域を実現できることをアピールした。

       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったらITmedia PC USERに「いいね!」しよう
ページトップに戻る