検索
ニュース

気になる新製品やイベントを幕張メッセでチェックしてきた――東京ゲームショウ2019まとめ (1/5)

9月13日〜16日にかけて、幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ2019」。国内外からさまざまな入場者と出展社でにぎわったイベントを振り返る。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 9月13日から16日に、幕張メッセを会場として東京ゲームショウ2019が開催された。出展社数655、出展社の国や地域が40と、わずかに全体の数が前回を下回ったが、国内からの出展社数は過去最多の350になったという。

 ここでは、一般公開日かつ最終日の最も盛り上がっている会場での各ブースの様子をお届けする。

東京ゲームショウ2019
一般公開日の最終日(16日)。コンパニオンの皆さんもおつかれさまでした

「レインボーシックス シージ」をオフラインで堪能――MCJブース

 マウスコンピューターやiiyamaをグループを傘下に置くMCJのブースでは、東京ゲームショウ2019最終日に「DREAM -R6S eスポーツ STAGE-」を開催した。

東京ゲームショウ2019
マウスコンピューターやユニットコムなどMCJグループの出展ブース

 11時に始まったトークショーでは、マウスコンピューターがスポンサーとなる「DetonatioN Gaming」と、LEVEL∞スポンサードの「父ノ背中」レインボーシックス シージで活躍する人気の両プロゲーミングチームが登壇。プロゲーマーになるには? といった内容を中心に語った。

東京ゲームショウ2019
自身の経験を語る「DetonatioN Gaming」と「父ノ背中」のメンバーたち

 来場者との質疑応答では、「コンシューマーゲーム機からPCへと活躍の場を移したいが、何からはじめたらいいのか?」という質問に対し、「いろんなタイトルを遊んでみること」「親身に教えてくれるような人がいると上達も早いので、気の合う友だちを作ること」「SNSを活用すること」など、人気ゲーマーがそれぞれ自分の経験を元に回答。それを聞いた質問者の弾むような感謝の声が印象的だった。

 エキシビジョンマッチでは、DetonatioN Gamingの4人がイエローとブラックに分かれ、それぞれ一般参加者(事前エントリー当選者と会場からの参加者)3人ずつを加えた計5人ずつのチームでレインボーシックス シージをプレイ。ヘッドフォンから聞こえる物音に集中できる静かな部屋と異なり、会場はとにかくにぎやか。「オフラインだと、音を拾うのが難しい。コミュニケーションをどのように取るかが鍵だ」という解説の中、ゲームが始まった。

東京ゲームショウ2019
大にぎわいのステージ前
東京ゲームショウ2019
来場者たちが見守る中「レインボーシックス シージ」をプレイするDetonatioN Gamingのメンバー

 ステージ前は、入場規制が入るほど大にぎわいだったため、ブース左右に設けた試遊台のうち、G-Tune展示側のモニターでも視聴できるように急きょ変更。そこでもプロの技をひと目見ようと、大勢のギャラリーが押し寄せるなど大盛況だった。

東京ゲームショウ2019
マウスコンピューターのゲーミングPCブランド「G-Tune」の展示コーナー
東京ゲームショウ2019
上のモニターにゲームプレイ画面が表示されると、たちまち人だかりになった
東京ゲームショウ2019
反対側に設置されていた試遊機にも、待ちの行列ができていた

 次のページでは、「ALIENWARE」のコーナーを見ていく。

       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったらITmedia PC USERに「いいね!」しよう
ページトップに戻る