検索
ニュース

ノートとしてMaxな性能を持つ新型MacBook Pro その速さの秘密に迫る新たなる表現者の出番を待つ(1/4 ページ)

Appleが10月18日(米国太平洋夏時間)に行ったスペシャルイベントでは、今後のPCに大きな影響を与えるであろう発表が行われた。その内容を林信行氏が読み解いた。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 Appleが開催した10月のスペシャルイベントでは、「音楽」と「Mac」の2つがキーワードになった。

 価格的にも手頃で、多くの人に親しみやすい「音楽」関連のサービスと、高性能ノートパソコンの常識を根本から覆すMacBook Proと、2つの対極的な製品を発表したイベントとなった。

スペシャルイベントの関連記事

Apple
スペシャルイベントでスピーチするAppleのティム・クックCEO

音楽の楽しさをさらに多くの人に

 まずは音楽関連製品の発表から振り返ろう。

 実は10月24日は、初代iPodの発表から20周年に当たる。このiPodを発表するまでAppleはパソコン製品、Macの専業メーカーであって、世の大半を占めるWindowsユーザーには関係のないメーカーだった。その後、このiPodが大きな話題となり、Windows版を発売したことで、Appleは大躍進を果たし世界を変えたスマートフォン、iPhoneの発表につながり、長く君臨している時価総額世界一の座にもつくことができた。

 そういう意味でも「音楽」事業はAppleにとって非常に大事な事業の柱となっている。

 今回のスペシャルイベントで発表された音楽関連のポイントは以下の通りだ。

Apple Music Voiceプラン

 月々480円(税込み、以下同様)でSiriが選曲した音楽が聴き放題になるプラン。シチュエーションに合わせた音楽をSiriが自動的に選曲。有線放送に近い間隔で楽しめそうだが「ディナーパーティー用の曲」、「リラックスできる曲」などより細やかなジャンル/用途指定で選曲できる。

Apple Voice Plan
Appleデバイスの音声認識エンジン「Siri」経由でのみ利用できる「Voice Plan」。日本では月額480円で提供される

HomePod miniのカラーバリエーション

 人気のスマートスピーカー「HomePod mini」にイエロー、ブルー、オレンジのカラーバリエーションが登場した。ちなみに発表会では触れなかったが、まもなくHomePodのソフトウェアアップデートで日本語圏でも家族の誰の声かを聞き分けて、その人の予定を伝えたり、別の部屋に置かれたHomePod miniに「そろそろ出かけるよ」といった声の伝言を送信したりする機能が利用できるようになる

Apple HomePod mini
従来のホワイトとブラックに加え、新色のブルー、オレンジ、イエローが加わった「HomePod mini」。価格は据え置きの1万1880円だ

第3世代のAirPods

 Appleのワイヤレスイヤフォン「AirPods」が第3世代になった。頭の向きに追従する空間オーディオの立体音響に対応したり、耐汗/耐水になったり、機能も見た目もAirPods Proに近くなったが、価格は7000円ほど手頃な2万3800円だ。AirPods Proの特徴となるノイズキャンセル機能こそないが、動作時間が6時間と、Proに比べて約1.5時間長い。また、耳の中での音の響き方を検知して低域と中域の周波数を調整するアダプティブEQなどにも対応する。

 なお、本製品の登場を受け従来の第2世代AirPodsは1万6800円で併売されることになる。

 こういった比較的買いやすい価格帯の音楽関連の製品やサービスは、2021年のクリスマスのギフトとしても人気を集めそうだ。

第3世代AirPods
形状がAirPods Proに近くなった「第3世代AirPods」

 そして、驚きの内容となったのはこれからだ。

       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る