> 特集 2003年6月2日 04:34 PM 更新

ページプリンタ特集
カラーページプリンタ導入のススメ

ここ数年ビジネス文書のカラー化が目立ってきた。説得力のある企画書をはじめ、各種報告書や提案書など、カラープリンタはビジネスツールの一つと言えるだろう

ビジネスでの必然的な流れがそこにある

 カラープリンタの登場により、最近では企画書もカラフルになってきた。文書のカラー化はある意味表現できる情報量が増えるため、相手に物事を伝えやすいというメリットがある。

 もちろん、単にカラー化しても「色だけつけました」的な企画書では説得力もなにもないのだが、効果的に使用することで、モノクロの企画書よりも何倍もの表現が可能になることは皆さんも実体験として持っていることであろう。

 特に、ビジネス文書や学術研究の資料などはカラー化することで、視覚的な効果だけでく、写真などを利用することで、資料価値としても高まってくる。多くの企業が導入しているのもその辺が理由といってよい。

 しかし、大抵の場合、カラープリンタ1台に多数のクライアントがぶら下がる形で、印刷の順番待ちなどでイライラしたことはないだろうか? プリンタの設置場所が限られてしまうため、印刷の指示を出した後、離れた場所にあるプリンタを何回も往復したことはないだろうか?

 もし、これらの環境を改善するとしたらどうすればよいのだろうか?

 さらに言えば、プリンタの活用は何も大企業だけの話ではない。SOHOワーカーとて、その問題は変わりない。特に設置スペースの問題から小型のインクジェットプリンタを設置している事務所も多いが、速度やクオリティ、共有関係で満足できる製品は少ない。

 それでも、1日のプリントアウトが10枚程度なら良いのだが、日に100枚、200枚と印刷を行なった場合、ちょっとクオリティの高いモードで印刷した場合、かなりの時間がプリントだけに費やされてしまうのである。しかも、インクの消費量だけでも相当なものになってくる。

 特にカラーで印刷した場合、それなりの紙を利用しないとクオリティ的に満足できる印刷ができないケースもあるのだ。

ビジネスに最適なプリンタを選ぼう

 ビジネスに最適なプリンタとはどういうものだろうか?

 例えば、すでに、大型のものが導入されており、順番待ちを解消させたい場合、単純に言えば新たにプリンタを追加すればよい。しかし、大型のプリンタを沢山おけるほどスペースがある環境がそんなに多くあるとは言えない。また、予算的にも大型のものをいくつも導入できないケースがほとんどではないだろうか?

 では、どうしたらよいか? 大きなサイズの印刷は大型機に任せ、使用頻度の高いA4サイズは小型のプリンタを要所要所に配置する方法だ(下図参照)。しかし、そこそこの印字速度の確保が絶対条件。となると、インクジェットプリンタでは少々力不足なのは否めない。


 また、ケースによっては様々なOSが混在することが考えられる。このような場合、各種OSがネットワークベースで利用できることを考慮したいものである。SOHOワーカーの場合もスペースや速度が気になるのは同じと言える。1枚あたりの印刷コストも考慮すべき事柄だろう。

 実はこのような条件を満たすプリンタが沖データから登場したのだ。それが「MICROLINE 5300」である。

多彩な機能をコンパクトなボディに凝縮

 沖データの「MICROLINE 5300」は企業のサブ・カラープリンタとして、また、SOHOや小規模ネットワークでのメインプリンタとして必要条件を備えたカラーページプリンタだ。

 PostScript 3互換のA4カラーページプリンタで、Windowsはもちろんのこと、Mac OS、Mac OS X、UNIX系OSなどでも利用可能。オプションを追加することなく、USB、パラレル、Ethernetの各種インタフェースを備えていることも見逃せない。ネットワークで利用するなら異OS混在環境でもOKだ。

 印刷速度もカラーが12ppm、モノクロで20ppmと高速仕様。トナーベースなので、普通紙でもくっきりとした印刷が可能だ。


 気になるランニングコストもカラーで平均12.5円、モノクロなら平均2.9円と、同社のモノクロ機(平均3.6円)よりも低コスト。大きさも425×561×345ミリと、カラーページプリンタとしてはクラス最小のサイズ。重量も約20.4キロと大人が持って移動できる範囲だ。

 他にも最大930枚までの給紙を可能にするセカンドトレーや自動両面印刷ユニットなど、便利なオプションも用意されている。

 プリンタを活用することが多い編集部でも、このプリンタはちょっと気になる存在。そこで、その他の機能や開発意図などを教えてもらうために、開発関係者の方々にインタビューを行なった。次回はその模様をお伝えしたい。

関連リンク
▼ MICROLINE 5300
▼ 沖データ
▼ ページプリンタ特集:カラーページプリンタ導入のススメ
▼ ページプリンタ特集:MICROLINE 5300実地レビュー

[ ITmedia ]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!