プロフェッショナル モバイル 過去記事一覧
検索
レビュー

手書きでメモして、“後から変換”もできる――「7notes with mazec」を使ってみよう

手書きでメモをササッと取り、後からテキストデータに変換――Android向け手書き文字入力&メモ帳アプリ「7notes with mazec」を使うと、こんなことも可能になる。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 スマホを選ぶ際に、“文字入力のしやすさ”は重要なポイントのひとつだ。Android端末には、いわゆるフリック入力、ケータイ入力、キーボード(QWERTY)入力と、さまざまな入力方式が用意されている。そして、中にはタッチパネルと文字認識機能を組み合わせて、“書いた文字がテキストに変換される”便利なアプリもある。「7notes with mazec」というアプリだ。無料で10日間試用できる体験版もあるので、まずはこちらを使ってみるといいだろう。


photo 7notes with mazec
photo
7notes with mazec 体験版
photo
7notes with mazec

 すこしややこしいが、このアプリには大きく分けて2つの機能がある。1つは、手書き文字を変換できる“文字入力アプリ”(IME)としての機能、そしてもう1つが手書き入力機能をフル活用できる“メモ帳アプリ”としての機能だ。文字入力アプリとしての機能は、同アプリの前身となる「mazec (J) for Android」のそれをブラッシュアップしたもの。ここでは、新たに追加されたメモ帳としての機能を中心に、アプリの使い勝手を紹介しよう。

 まず、アプリを起動したらアプリの指示に従って7notes with mazecを文字入力方法に設定しよう。設定後、「7notesを使う」をタップすれば、メモ帳として利用できるようになる。


photo アプリを起動するとこの画面が表示される。この画面の説明に沿って設定を進めていく

 この7notesでは、手書きで入力した文字をテキストデータに変換できるだけでなく、手書き文字をそのまま保存できるのが特徴だ。まずは、画面下部に表示される入力スペースに文字を書いてみよう。すると、アプリがその文字を認識し、変換候補が表示されるはず。もし別の文字に誤認識された場合は、文字の下にあるボタンをタップして、候補の中から正しい文字を選択できる。

 画面の右の方まで文字を書くと、画面送りが自動的に行われるので、字数の多い単語の入力もしやすい。また、ひらがなと漢字が混ざった文なども認識して、変換候補を出してくれる。マッシュルーム対応アプリとも連携でき、絵文字や記号、メールアドレスなどを読み込めるのもうれしいポイントだ。


photo 少々雑な文字でも認識してくれるのがこのアプリのいいところ。数字や記号も認識する(写真=左)。「リリース」の「リ」が「Y」として認識されてしまった。こういうときは文字の下の「^」をタップ。変換候補の中に「リ」があるので、これを選ぶ(写真=右)
photo メモの書式は詳細な設定項目が用意されている(写真=左)。変換候補の単語登録が可能。よく入力する単語を登録しておくと便利だ(写真=右)

 さて、こうした変換機能はAndroidの文字入力機能として他のアプリでも利用できる。一方、メモ帳である7notesを利用している場合は、さらに手書き文字をそのまま記録したり、手書きで記録した文字を“後から変換”できるようになる。

 手書き文字をそのまま記録したい場合は、画面左下にあるMENUボタン(端末側のMENUボタンではない)を長押しして、「Stroke」を選択すればOKだ。単純な手書きメモの感覚で、文字をサラサラと書いていけるので、会議や電話中のメモなど、急いで文字を書き留めたいときに便利に使える。

photo 入力画面で左下の「Menu」を長押しして、「Stroke」を選択すると、手書き文字をそのまま保存できる。このまま保存しておけばOK

 こうして手書きで記録した文字をテキストデータに後からゆっくり変換できるのが同アプリのユニークなポイント。画面を長押しすると現れる「後から変換」の選択肢をタップすると、テキストデータへの変換が可能になる。書いた文字が正しく認識されていればサクサクと変換を進められるはずだ。間違っていた場合も、変換候補の再選択や書き直しなどで対応できる。

photo 入力画面を長押しすると、テキスト編集の項目が表示されるので、「後から変換」をタップする(写真=左)。すると、手書き文字をテキスト化してくれる(写真=右)

 また、手書き文字とテキストデータを混在させたメモも作れる。デコレーション感覚で手書き文字をメモに挿入したり、ちょっとしたイラストをメモに挿し込むといったことも、この機能で楽しめるだろう。

photo 手書きの文字とテキスト化した文字を混ぜたメモを作成できる

 ちなみに、同アプリではメモの背景の色を変えたり、画像を表示することも可能だ。アプリ独自の背景テンプレートギャラリーもあって、たくさんのかわいらしいテンプレートが用意されている。この中から好きなテンプレートを選び、そこに手書き文字のメモを作成すれば、メッセージカードとしても使えそうだ。書いたメモはテキストファイル(txt)、PDF、画像(png)、独自の7notesドキュメント(7doc)形式で、メールに添付したり、SNSに送ったりできる。

photo メモの作成画面でメニューを立ち上げ、「メモ書式」を選択する。そのなかの「背景」をタップすると、背景の色や画像を選べる
photo メモの一覧画面(アプリのトップ画面)に戻り、「Gallery」を選択すると、「7notesテンプレートギャラリー」のWebページに移動する(写真=左)。テンプレートの使用例。テキストだけでなく手書き文字も加えると、少し温かみがある
photo メール、Twitter、Facebookに加え、ストレージ(microSDカード)にデータを保存したり、データを読み出したりもできる

 製品版は980円(定価)とやや高額だが、同アプリを使えば他のアプリとはひと味違うユニークなメモが取れるだろう。なお、体験版から製品版に移行する際には、体験版で作成した文書や登録した単語のデータを引き継ぐことができる。また、体験版は試用期間が過ぎても、手書きメモアプリとして利用可能だ。ただし、手書き文字の認識機能は使えなくなるので注意しよう。

そんなアプリをいきなり買うのに抵抗がある人は、無料版の「7notes with mazec 体験版」を使ってみよう。機能は製品版とまったく同じだが、試用期間が10日間となっている。


photo
7notes with mazec 体験版
photo
7notes with mazec

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったらITmedia Mobileに「いいね!」しよう
ページトップに戻る