ITmedia総合 >  質問!ITmedia  > 

「創エネ」最新質問一覧

電気・ガス・水道
オール電化について
オール電化についての質問です。現状は電気とガスの併用ですが、エコキュートとIHへの切り替えを考えています。(1)東電の電化上手プランはお得ですか?(今月末で終了との事→それに 代わる新プランは実質やや値上げらしい)(現在はピークシフトプランです)(大人2名...(2016/03/24)

電気・ガス・水道
電気代の節約方法を教えてください
2人暮らしで電気代が15000円~20000円と異常に高いです。エコワットなどで調べたところ、電気食ってるのは、エアコンと除湿器が高く、次に洗濯機、温水便座、液晶テレビ(40インチくらい170W)、そして恐らく冷蔵庫です。エアコンと除湿器は使う時間を出来るだけ減らす、洗濯...(2016/01/10)

その他(社会)
原発反対派の人について
原発反対のデモに参加している人ってそこそこ裕福で暇人が多いんですかね?原発に代わる代替えエネルギーが確立していない現在、東電などの電力会社各社は赤字経営になる以上、毎回電気料金の値上げをして私のような貧乏人や、海外移転せずに頑張ってる日本企業が苦しい思...(2013/02/16)

経済学・経営学
経済状況と電力使用量は連動しますか?
経済状況と電力の使用量は連動しますか?好景気ではやはり電力使用量が上がるものですか?ここ数日、原発がらみのニュースで電力の供給と使用量の実績データをよく見ます。供給量が使用量を上回っている。なんだ、節電すれば原発止めてても大丈夫なんじゃん。やっぱり再可...(2012/08/25)

自然環境・エネルギー
暑い日が続いていますが、電力不足は起こっていません
電力会社が火力発電をフル稼働し、企業が無理な節電をしているからだと思います。しかし、反原発派の人々は、「原発が無くても問題ないじゃないか!」とか言っています。数日前に、デモ団体が総理と面会していますが、「決して決して決して決して決してデモはやめない」と...(2012/08/25)

ニュース・時事問題
原発ゼロは正論か?本当に大丈夫?
最近の政治屋は次回の選挙で当選したいがために原発問題については、減らすとかゼロに賛成などと発言している人達がいる。でもそれは、あまりにも極端なのではないか!?私ももちろん原発がゼロになる日を待ちわびている。しかしそんなに早急にゼロにするとかゼロにできる...(2012/08/11)

自然環境・エネルギー
床発電の効率について
ここに1平方メートルの発電できる床があります。どれくらいの電力が発電できますか?(2012/03/09)

その他(住まい)
冬場の室外機を暖めると
実際、自分の責任で、エアコンの室外機に水をかけると、かなり冷房が強くなると言うことを実感しているのですが。室外機の上にぬれタオルを置いてやると言う方法ですが。部屋の中にいてもタオルが乾いてきたなと言うことがわかるのです。そこで、冬場に室外機を暖めればい...(2011/08/05)

アンケート
貴方の節電へのイメージや目的・動機は?
節電には、電力事情や停電防止の面と、家計(光熱費)の倹約の側面があると思いますが・・・◇貴方の節電へのイメージや目的・動機に近いのは?1)原子力発電に反対だから節して原発依存から脱却に協力したい。2)国・電力会社が要請しており、生産やインフラや公共交通...(2011/06/24)

ニュース・時事問題
原発の無い生活は
どの位の生活レベルになりますか?戦前レベルですか?大正時代レベルですか?江戸時代ですか?(2011/04/02)

その他(生活・暮らし)
エコなことしていますか。
日常で、地球に優しい行動を何かしてますか?(2009/04/16)

その他(住まい)
住宅の省エネルギーシステムのアイデア、何か有りませんか。
いろいろ税金も上がってくるようで、今年からリタイアまでの間に経費節減のため我家を創エネルギーシステムの家にしようと思っています。ただ、10年程度で絶対に元が取れる事。また、照明などをこまめに消すなどの小さな事ではなくが条件なのですが、何か気がついたら教え...(2005/12/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。